スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■■1/29 フェラーリ F150 新車発表

フェラーリは28日(金)、マラネロで2011年F1マシン「F150」の発表会を開催。

フェルナンド・アロンソがシェイクダウンを行った。

■F1チーム一番乗りで新車発表を行ったフェラーリF150。

去年に比べてハイノーズになり、Fウィングがより低く強調されていますね。

真正面から見るととてもカッコいいです!

F150
http://www.youtube.com/watch?v=5ESEr9NGhI4&feature=player_embedded

シェイクダウン
http://www.youtube.com/watch?v=ueGyDE7UKcw&feature=player_embedded


■■1/28 フォース・インディア VJM03、初走行はニコ・ヒュルケンベルグ

フォース・インディアは、2月1日のバレンシアテストで

ニコ・ヒュルケンベルグがVJM03の初走行を担当する予定であることを

明らかにした。

■ニコ・ヒュルケンベルグがテスト初日の午前中に走行し、

午後にポール・ディ・レスタがテストを引き継ぐそうです。

また、3日目にはエイドリアン・スーティルが走行するようです。

なお、シーズンを通して金曜日のフリー走行でニコ・ヒュルケンベルグが

走る予定のようです。

何回かはレースのチャンスがめぐってきそうですね。


■■1/28 トロ・ロッソ STR6、初走行はハイメ・アルグエルスアリ

トロ・ロッソは、2月1日のバレンシアテストでハイメ・アルグエルスアリが

STR6の初走行を行うことを明らかにした。

■2日目にはハイメ・アルグエルスアリとセバスチャン・ブエミが午前と午後で

STR6をシェアし、最終日にはセバスチャン・ブエミがテストを担当する。

チームはまだドライバーを正式発表していませんが、どうやらこの二人が

今年も走行するようですね。

■■ 編集後記 ■■

去年の秋ごろまで自分の部屋はひどいありさまでした。

クルマのマフラーやらホイール、シートなどが転がり、加えて本や雑誌が

床にうず高く積まれて、足の踏み場もないくらいな状態でした。

まともに掃除もできず、住む環境としては最悪です。

病気で入院していたので、退院後、体調が良くなってから一念発起し、

2ヶ月かけて要らない物は処分し、少しづつ部屋を片付けていきました。

ようやく床にまともなスペースができ、掃除もし易くなりました。

同時に、気持ちがスッキリし、毎日気持ち良く過ごせるようになりました。

まるで部屋は心を写す鏡のようです。

できるだけ不必要なモノは身の回りから捨て去り、シンプルな生活をしようと

心に決めました。
スポンサーサイト

■■1/27 フォース・インディア、ポール・ディ・レスタの起用を正式発表

フォース・インディアは、2011年のエイドリアン・スーティルのチームメイト

としてポール・ディ・レスタ、リザーブドライバーとして

ニコ・ヒュルケンベルグを起用することを発表した。

■ウワサどおりのラインナップになったフォースインディア。

リウッツィは残念でしたが、結構期待できるドライバーが揃いました。

マシンの戦闘力も上がれば、インドGPに向けて盛り上がるでしょうね。


■■1/27 セバスチャン・ベッテル、2012年もレッドブル残留の結果条項

セバスチャン・ベッテルとレッドブルとの契約に含まれている結果条項により、

ベッテルが今シーズン末でレッドブルを離れる可能性は低そうだ。

■レッドブルとの契約が2011年末で満了となるためフェラーリへの移籍が

噂されていましたが、今年ベッテルが定められた数の勝利を収め、

トップ3でチャンピオンシップを終えた場合は、

2012年に移籍することはできないようです。

著しく戦闘力が落ちない限り、当分レッドブルで再びチャンピオンを

目指すんでしょうね。


■■1/27 ペドロ・デ・ラ・ロサ、マクラーレンのテストドライバーに復帰?

ペドロ・デ・ラ・ロサが、2011年のテストドライバーとしてマクラーレンに

復帰間近だと報じられている。。

■来週の金曜日にベルリンで開催されるマクラーレン MP4-26の発表会に

ペドロ・デ・ラ・ロサが出席するそうです。

年齢的にいって、最後の所属チームになりそうですね。

■■ 編集後記 ■■

最近はYou Tubeなどで懐かしの曲を聴く機会が増えています。

当時軽く聴き流してしまって、でも何か心の隅にひっかかっていた歌手

などを検索して、ハマッてしまったのが川本真琴です。

「愛の才能」が衝撃的でよく覚えていたんですが、

それ以降は特に聴いていませんでした。

調べると、2001年以降9年ほどメジャーから遠ざかっていたようで、

去年3枚目のアルバムを出したようです。

ファーストアルバムを聴いてみると、ものすごい才能にあふれたアーティスト

だということがヒシヒシと伝わってきます。

お気に入りは「タイムマシーン」という曲です。

切な過ぎて、ジーンときます。

■■1/26 フェラーリ、2011年F1マシン名は「F150」

フェラーリは、2011年のマシン名が「F150」であることを明らかにした。

フェラーリ F150の発表会は、1月28日にマラネロで開催される。

■F150という名称は、イタリア統一150年を記念したいというフェラーリの

想いにより命名されたようです。

モンテゼモロもなかなか粋な計らいをするものです。


■■1/26 ルーカス・ディ・グラッシ、ピレリのテストドライバーに就任?

ベルギー人のジェローム・ダンブロシオにヴァージンのシートを奪われた

ルーカス・ディ・グラッシが、2011年のピレリのテストドライバーに

就任すると報じられている。

■ピレリのテストドライバーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサの契約は、

契約を更新して今年もタイヤ開発を続けるとみられているそうです。

ディ・グラッシも同様に、レースシートのチャンスをうかがうためにも、

何が何でもテストドライバーになっておく必要があるでしょうね。


■■1/26 チーム・ロータス、TL11を1月31日に公開

チーム・ロータスは、2011年F1マシン「TL11」を1月31日に公式サイトで

公開することを発表した。

■バレンシアの初テストでヘイキ・コバライネンとヤルノ・トゥルーリが

TL11-01を走らせる予定だが、2月1日の初日には走行を行わず、

代わりに2月4日に撮影とプライベートテストを実施するようです。

■■ 編集後記 ■■

昼食後、眠たくなってしまうことはありませんか?

私は眠くなって、仕事に影響を与えていました。

どうやら原因は消化にあるようです。

食べ過ぎや、よく噛まなかったりすると、胃腸の蠕動(ぜんどう)運動に

エネルギーが使われ、脳に充分な血液が送り込まれなくなるそうです。

量を腹八分目にし、少なくても30回は咀嚼(そしゃく)するようにすると、

かなり効果がありました。

また、食事中に大量に水分を摂取すると、消化液が薄まるので、

食前食後1時間くらいは水分量を控えることが良いようです。

是非試してください。

■■1/25 ヒスパニア・レーシング、新車デビューは最終バーレーンテスト

ヒスパニア・レーシングの2011年F1マシンは、開幕戦直前のバーレーン

テストでのデビューになるようだ。

■・2月上旬のバレンシアテストとその後のヘレステストには間に合わない

・バレンシア、ヘレス、バルセロナでは、2010年マシンのF110を走らせる

・昨年マシンとの最大の違いは、ウィリアムズ製のトランスミッション

・2011年マシンには可変リアウイングが搭載されるがKERSは使わない可能性が

高い

ちなみに、ナレイン・カーティケヤンのチームメイトとリザーブドライバーに

ついては「1週間くらい」で決定されるようです。


■■1/25 ミハエル・シューマッハ、シミュレーターで乗り物酔い

ミハエル・シューマッハは、ドライバーシミュレーターで作業できなかった

ため2010年シーズンにむけて十分な準備ができなかったとシューマッハに

近い筋が明らかにした。

■2009年のバイク転倒事故で乗り物酔いをするようになり、

シミュレーターを使わなくなったという。

ロズベルグが長時間シミュレーターを使い、準備を週末までに終わらせるのに

対して、シューマッハは一からセッティングをしなくてはならなかった為、

ロズベルグに比べて不利だったと情報筋が述べているそうです。


■■1/25 ジャンカルロ・フィジケラ、イタリアで交通事故

ジャンカルロ・フィジケラが、イタリアで交通事故を起こした。

■フェラーリを運転中に52歳の女性が運転する小型車に追突したという。

衝突された女性は病院に運ばれたが、まもなく帰宅した。

報道によると、ジャンカルロ・フィジケラは、道路工事による

長い渋滞に差し掛かったが、止まり切れなかったそうです。

2005年には速度違反で捕まっているが、その際は子供が熱を出したため

急いでいたと説明していたそうです。

F1ドライバーの事故や違反は結構頻繁に起こりますね。

■■ 編集後記 ■■

サッカーアジアカップの日韓戦を見ました。

まさに手に汗握る白熱した試合で、とても感動しました!

先制されてからの逆転に興奮し、延長後半ロスタイムに同点されてハラハラし、

最後のPK戦での歓喜の勝利で、夜中まで目が離せませんでした。

個人的には事実上の決勝戦と思っていましたが、

韓国というほぼ互角のライバルがいたおかげで、日韓はお互いに切磋琢磨して

アジアの中で、より強くなってきた経緯があると思います。

試合後に韓国の選手が日本選手に対して祝福の態度を示したのに感動し、

こんな面白い試合をしてくれた日韓の選手たちに心から感謝したいと思います。

■■1/24 小林可夢偉、1月31日にザウバー新マシンで初走行

小林可夢偉は、ヴァレンシアでの合同テストが始まる前日に、ザウバーの

2011年マシンをトラック・デビューさせる。

■ルノーと同様ザウバーも、新マシンの披露会場としてスペイン・

ヴァレンシアのリカルド・トルモサーキットを予約しているそうです。

雑誌によると、マシンに手ごたえを感じているようなので、開幕戦から

ポイントが狙えることを期待できますね。


■■1/25 フォース・インディア、今週ポール・ディ・レスタの起用を発表へ

フォース・インディアは、今週ポール・ディ・レスタの2011年の

レースドライバー昇格を発表するようだ。

■チームは水曜日に2011年シーズンのラインナップを発表するようです。

どうやらリウィッツィとの契約問題が解決したみたいですね。


■■1/25 ロータスの名称論争、シーズン開幕前には決着せず

ロータスの名称論争に関する審理が3月21日に実施されることになり、

2011年シーズン開幕時には2つのチームがロータスを名乗ることが

現実的となった。

■トニー・フェルナンデスの“チーム・ロータス”とグループ・ロータスの

“ロータス・ルノーGP”との間で争われているロータス論争。

なんだか泥沼化していますが、過去の栄光は栄光として尊重して、

共に前向きに前進して欲しいですね。

■■ 編集後記 ■■

職場で欠員ができたため、急遽募集をかけ、二人を面接しました。

一人はやる気はあるが、若干日本語が不得意な外国人。

もう一人は高学歴だが消極的な日本人。

日本語は世界的にみて難解な部類の言語なので、いたしかたないんですが、

コミュニケーションに一抹の不安があります。

一方高学歴な方は、仕事の内容に対して不安があるようです。

もちろん、時間をかければ全く問題ない内容です。

至急の選択を迫られていますが、個人的には積極的な人を優先したいところです。

■■1/24 カルン・チャンドック、チーム・ロータスとのリザーブ契約を

ほのめかす

カルン・チャンドックは、2011年のチーム・ロータスのリザーブドライバーとして

契約間近であることをほのめかした。


■リザーブドライバー候補が20人以上いるという、ロータス。

かつてのロータスを知る人にとってはアジア人を中心としたチームを

目指しているチームは違和感があるかもしれませんが、

これも時代の流れでしょうか。

■■1/24 オーストラリア、2015年でF1撤退?

オーストラリアの2名の有力者が、メルボルンでのF1オーストラリアGPの将来に

疑問を投げかけている。


■メルドルンのロバート・ドイル市長は、2015年までレース契約を結んでいる

アルバートパークでのイベントにはもはや金額に見合う価値はないと述べた

そうです。

開催国の入れ替わりが激しくなっていくと、時代の大きなうねりを感じますね。


■■1/24 アウディ 「定期的にF1の状況を評価している」

アウディのモータースポーツチーフ責任者であるウォルフガング・ウルリッヒは

アウディはF1参戦を除外してはいないと述べた。


■ポルシェも参戦のうわさがありましたが、今最も勢いのあるアウディが

参戦意欲があることは、ある意味当然のことですね。

しかし、参戦するにはコストの問題がクリアにならないと難しいかもしれません。


■■ 編集後記 ■■

先日ジョギングを始めたことをここに書きましたが、何とか続けています。

ふと調べ物をしていたら、初心者はあまり毎日走らないほうがいいようです。

確かに、最近は少しくらい体が疲れていても無理に走っていました。

しかも、ハアハア、ゼイゼイいいながら。(笑)

せっかく健康を目指しているのに、体を酷使してしまっては本末転倒です。

モチベーションを保ちつつ、無理なく続けるのには、あまりガチガチな計画を

たてず、調子を見ながら臨機応変に対応することが重要ですね。

■■1/23 Driver's Eyes F1日本グランプリ 2010 鈴鹿

2010年 F1日本GPを収録したDVD「DVD Driver's Eyes F1日本グランプリ 2010

鈴鹿」が2月23日に発売される。


■オンボードカメラならではの映像と、小林可夢偉の数々のオーバーテイク等

を川井ちゃんと土屋圭一が解説。また、特典として5.1chで中継映像(CS)

ノーカット版が付いているのも嬉しいですね!価格も¥2,953と手頃なので

自分は買います(笑)。


■■1/23 ゲルハルト・ベルガー 「BMWはF1を諦めるのが早過ぎた」

ゲルハルト・ベルガーは、BMWには忍耐が欠けていたとF1撤退を非難した。


■レッドブルの成功を引き合いに出して、忍耐強く続けることの大切さを説く

ベルガー。全くその通りだと思います。やはり最後に成功するのは、

成功するまでやり続ける信念と忍耐強さですね。

日本の某2大メーカーにも頑張って欲しかったです。


■■1/23 アイルトン・セナ ~音速の彼方へ、DVD/Blu-rayで発売決定!

アイルトン・セナ初のドキュメンタリー映画「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」

がDVDとブルーレイで発売されることが決定。発売日はアイルトン・セナ51歳の

誕生日となる3月21日。すでに予約が開始している。


■各国メディアから提供された大迫力のレース映像、オンボードカメラや

インタビュー、貴重なプライベート映像や未公開映像で贅沢に構成された

珠玉のドキュメンタリー。

残念ながら当時のF1ブームの波に乗れていないせいで、セナに大きな思い入れは

ないんですが、様々な書籍や資料から、そのカリスマ性は歴代一だと思います。

是非見てみたいですね!

■■ 編集後記 ■■

ここ数年、ずっと歯がしみるので、意を決して歯医者に行ってきました。

実に10年ぶりぐらい?でしょうか、ネットで近所の評判の良い歯医者を検索して、

ドキドキしながら受診しました。

自分では虫歯かな?と思っていたんですが、どうやら知覚過敏だそうです。

何らかの理由で歯茎から神経が露出してきているみたいです。

そういえば無意識に奥歯をグッと噛むクセがあるので、そのせいかもしれません。

体のどこかが気になるほど痛かったり違和感がある時は、なるべく早く専門家に

診てもらわないといけませんね。

■■1/21 レッドブル、RB7を2月1日に発表

レッドブルは、2011年F1マシン「RB7」を2月1日にバレンシアで開始する

公式テスト直前に披露することを明らかにした。


■2月1日の午前8:30にバレンシアのピットレーンで発表されるそうです。

一番の注目マシンですから、今から楽しみです。

ちなみに同日に、メルセデスGP、ウィリアムズ、トロ・ロッソ、ロータス

が新車お披露目するようです。


■■1/21 ヴァージン・レーシング、MVR-02を2月7日に発表

マルシャ・ヴァージン・レーシングは、2011年F1マシン

「MVR-02」を2月に発表することを明らかにした。


■今年からロシアのスーパーカー「マルシャ」をタイトルスポンサーに

迎えたヴァージン。

昨年は「VR-01」でしたが、マルシャのMを付けて「MVR-02」。

F1界でのロシアマネーも潤沢ですね。


■■1/21 ロータス・ルノーGP、ロマン・グロージャンを

サードドライバーに起用?

ロータス・ルノーGPは、ファイルーズ・ファウジーをリザーブドライバーに

起用することを発表したが、ロマン・グロージャンも同じような役割につく

可能性があるという。


■ロータス・ルノーGPがR31を発表する1月31日のバレンシアで

ロマン・グロージャンのサードドライバー就任を発表するようです。

2009年以来のレースドライバーに昇格できるか、注目ですね。

■■ 編集後記 ■■

先日、通勤途中で電車が止まってしまい、20分くらい車内に閉じ込められました。

理由は踏切内に自動車が立ち往生してしまったためらしいのですが、

以前は、口には出さないまでも、心の中で「ツイてないな~」とつぶやいていました。

車内では実際に大きな声で、つぶやいている?人もいました。

でも最近は、自分の力ではどうすることもできない事に対しては、

マイナスの言葉を発しないように努めています。

だって、「ツイてない」と考えても電車は動かないわけですし、

そんなことを考えているヒマがあったら、本を読むなり、ウォークマンを聞くなり、

目をつぶって瞑想?するなり、一日のスケジュールを頭の中で考えるなり、

やることはいくらでもあるわけです。

当たり前のことですが、最近そんなことを心がけています。

■■1/20 ペドロ・デ・ラ・ロサ 「ピレリはF1は面白くするだろう」

ペドロ・デ・ラ・ロサは、ピレリのF1タイヤはショーを改善するために

設計しており、昨年のブリヂストンとは「大きく異なる」と述べた。


■スーパーソフトはとても速いけど、デグラデーションも

非常に大きいそうです。ハードとの差が大きくなれば、

中堅チームにも勝機が見えそうで楽しみですね。


■■1/20 ファイルーズ・ファウジー、2011年にF1デビューの可能性も

ロータス・ルノーGPは、リザーブドライバーに就任したファイルーズ・

ファウジーが2011年にF1デビューする可能性を否定していない。

■シーズン終盤にファイルーズ・ファウジーが

レースデビューする可能性があるそうです。

ますます資金持ち込みドライバーの重要性が増してきてますね。


■■1/20 ピレリ、ロゴのカラーでタイヤを区別

ピレリは、2011年のF1でタイヤコンパウンドを見た目で区別するために

カラフルな方法を利用する。


■スーパーソフトには赤、ソフトには白、ミディアムには青、

ハードには黄色のロゴが入れられるそうです。

また、フルウェットには黄色、インターメディエイトは赤になるそうです。

ブリヂストンと違って、慣れるのに時間がかかりそうですね。


■■ 編集後記 ■■

F1速報の可夢偉特集号を買いました。

記事の内容はほとんどべた褒めですが、あれだけの活躍をすれば当然でしょうね。

高いレベルで才能がバランス良く発揮されていて、

特にレース運びの旨さは新人離れしていました。

川井ちゃんいわく、もし彼がフィンランド人であれば、

間違いなくトップチームに引き抜かれているそうです(笑)

日本人として、ほぼ初めてのエースドライバーとなるので、

プレッシャーは測りきれないほど大きいと思いますが、

彼なら昨年以上のサプライズを起こしてくれるかもしれません。

■■1/18 ピレリ、F1レースでの2ストップ計画を推進

ピレリは、今年の全グランプリを2ストップにすることで、

F1レースをさらにエキサイティングなものにするという野心を達成しつつある。


■昨年ブリヂストンの耐久性が高かったため、もっとレースを盛り上げるために

少なくとも2回ストップを企んでいるということです。

ウェットや市街地サーキットで、どのようなパフォーマンスなのかも注目です。


■■1/18 ウィリアムズ、最初のテストは暫定マシン

ドイツの "Auto Motor und Sport" によると、2月1日から始まる合同テストまでに

2011年マシンを発表しないチームが5つあるという。。


■ウィリアムズ、フォースインディア、ロータス、ヴァージン、HRTは新車発表が

2月以降になるようです。なんだかんだで、新車の発表ももうすぐですね。


■■1/18 バトンと道端ジェシカのデートカー(日産GT-R)、売りに出る

"Steve Hurn's Specialist Cars" 社は、F1ドライバー、ジェンソン・バトンが

所有していた日産GT-Rを売りに出している。


■マットブラックのGT-Rが659万円売りに出されているそうです。

安いような高いような。

バトンは以前ヴェイロンも所有していたんですね。


■■ 編集後記 ■■

最近、健康のためにジョギングを始めました。

といっても近所を10分くらい流すだけなんですが、28日間続けています。

初めの一歩がかなりきつかったですが、習慣になってしまえば走らないと

何か落ち着かない感じがします。

しかし、何事も行動を起こすことは大きなエネルギーを使うと痛感しました。

プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
586位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
26位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。