福島~新潟ロングドライブに行ってきましたよ

一泊二日で磐梯吾妻~只見方面へロングドライブに行って来ました。
いつもドライブプランの参考にさせてもらっているブログを見て予習しました。
福島も新潟もかなり久しぶりなので、どんな素敵な景色が見られるか、出発前からワクワクします♪



5/24 前日23:00就寝、翌1:00に起床! AM2:00に出発です。本当は4:00出発予定でした(笑)

P1060970.jpg
久しぶりの東北道をひた走り、上河内SAと那須高原SAでまずは休憩します。

福島西ICを降り、7時前に磐梯吾妻スカイラインの入り口に到着。
事前の情報では7時前は通行料金は無料とのことでしたが、料金所はすでに跡形もなく撤去されていて、料金は恒久的に無料になったようです!

P1060978.jpg
しばらく登っていくと、「つばくろ谷」に到着。つばくろとはイワツバメの別名らしいです。

P1060987.jpg
ちょっと霞んでいますが、不動沢橋越しの景色は画像より良く見えました。

P1060981.jpg

P1060994.jpg
谷底まで80m。絶景なんですが、毎度高所恐怖症で目がクラクラします(笑)

更に登っていくと、つづら折りのカーブが続き、途中から景色が開けてきました。
P1070013.jpg

P1070004.jpg
空いているスペースにクルマを停めます。
ちなみに、風が強くなってきたので幌は途中から閉めました。

P1070008.jpg
そして目の前に絶景が!

P1070009.jpg
普段見慣れない荒々しい景色に圧倒されました。

P1070010.jpg
まだ雪渓も残っています。

P1070011.jpg
標高は1500mです。

P1070068.jpg
ほどなく目的地の浄土平駐車場に到着。

P1070036.jpg

P1070035.jpg
軒下にはツバメの巣が。

P1070028.jpg
しばらく撮影タイム。

P1070031.jpg

P1070034.jpg
煙が噴き出しています。そして辺りは硫黄のにおいがします。

P1070039.jpg
吾妻小富士に登ってみることにしました。

P1070046.jpg
10分ほどで…

P1070054.jpg
山頂に。

P1070047.jpg

P1070048.jpg
火口ですが、怖くて近寄れません。一応、元山岳部(幽霊部員)(^^;

P1070058.jpg
ここを歩く勇気は無いな~(笑)

P1070049.jpg

P1070064.jpg
奥が元来た方面です。しかし凄い景色だな~。

P1070062.jpg
こちらの奥は会津方面へ続く道です。

次の目的地は磐梯吾妻レークラインです。

P1070075.jpg
スカイラインを下っていきます。

P1070089.jpg

P1070079.jpg

P1070093.jpg
ここから再びオープンにします。

P1070091.jpg

途中、国見台を通りかかりましたが、先客がいたのと、事前情報どおりサルがいて、目が合ったら睨まれたのでそのままスルーしました(笑)

下界に降りると気温が高くなってきました。
P1070094.jpg
磐梯吾妻レークラインの途中のストレート。こちらも料金所は無くなっていました。

P1070103.jpg

P1070100.jpg
新緑と雪解け水のせせらぎが目を楽しませてくれます。

磐梯吾妻レークラインは中速コーナー中心のとても走りやすい道です。今回の一番のお気に入りです。

P1070106.jpg

P1070107.jpg
秋元湖。

P1070113.jpg
磐梯山。

P1070114.jpg

P1070124.jpg
桧原湖。

次に磐梯山ゴールドラインへ。実はこちらは以前インテRで訪れたこともある場所。

P1070132.jpg
黄金平で休憩。

P1070127.jpg

P1070142.jpg
滑滝展望台。ここも以前来た記憶があります。

P1070136.jpg

P1070146.jpg

P1070151.jpg
滑滝。

P1070153.jpg
磐梯山。

P1070162.jpg
少し下ると、山湖台に到着。

P1070158.jpg
猪苗代を一望できます。今回は霞んでいてちょっと残念。

P1070166.jpg

P1070172.jpg
こちらは元料金所。有料道路の面影が少しだけ残っています。

さて、一気に山道を降りきったら猪苗代湖へ向かいます。

P1070186.jpg
湖畔の駐車場。

P1070183.jpg
猪苗代湖。

P1070179.jpg
野生の白鳥の飛来地でもあります。

P1070187.jpg
白鳥と、なぜか亀?の遊覧船。

猪苗代湖を眺めながら半周したら、国道294号線を南下していきます。
別名茨城街道(白河街道)。
この道は見渡す限り田園風景が広がって、とても懐かしい景色を見ながらののんびりとしたルートです。
勢至堂峠を越えたら、国道118号線を西に進み羽鳥湖を目指します。

P1070190.jpg
羽鳥湖。

P1070206.jpg
ワインディングを登っていくと、ようやく道の駅に到着です。

P1070207.jpg
朝からずっと走り回っているので、さすがに少し疲れてきました(^^;
ちょっと長めの休憩。

さて、いい時間になってきたので、いざホテルのある会津若松へ。
118号線を北上し、会津若松市に到着。
充実した1日目のドライブが終了しました。
何事もなく無事走れたことに感謝です。

ホテルは会津若松駅の近くなので、駅前を少し散策しました。

P1070209.jpg
会津若松駅。

P1070211.jpg

P1070214.jpg
大きな赤べこがお出迎え。

P1070219.jpg
一方通行の駅前通りを歩いていくと野口英世青春通りがあります。そういえば猪苗代湖畔には生家がありますね。

P1070222.jpg

P1070224.jpg
路面は煉瓦敷きになって、クルマが通るとコトコト音が鳴るのが面白いです。

夕飯は喜多方ラーメンを食べました。
20140524_2014052622143016d.jpg
あっさりしょうゆ味に縮れ麺、柔らかめのチャーシューが美味しかったです。

満腹になったら疲れと寝不足ががたたって、一気に睡魔に襲われ、そのままベッドの上でバタンキューでした(笑)

本日の走行距離:約640km

part2に続く…
スポンサーサイト

テーマ : ドライブ
ジャンル : 車・バイク

tag : 磐梯吾妻スカイライン 磐梯吾妻レークライン 磐梯山ゴールドライン

ロードスター燃費記録 2014/5月

ロードスター燃費記録 2014/5月
5月だけで3万円超え…

①5/11 32.00L/366km(@168円)11.41km/L
ENEOSネットDD東京インター店
②5/17 42.19L/450km(@169円)10.60km/L
富士米油新屋SS
③5/23 41.76L/511km(@175円)12.2km/L
高橋商店
④5/24 32.80L/432.6km(@175円)13.18km/L
ENEOS 栗林商店 野口記念館SS
⑤5/25 33.57L/469km(@179円)13.97km/L
IDEMITSU 赤城高原SA上り線

南房総半周ドライブに行ってきましたよ

日曜日も天気が良かったので、ロードスターでドライブです。
久しぶりに海を見たいな~ということで、行き先は南房総に決定。初の千葉最南端を目指します。
日焼け止めを塗ったりなんだかんだダラダラしていたら、すでに10時を回っていました(^^;

大雑把に目的地だけ決めて、あとは気ままに海沿いを走ることにしました。
ルートはアクアラインから館山道へ入り、富津中央ICで降りて127号線を南下していきます。



今日も陽射しが強い!腕がジリジリと焼けるようです。

ルートの127号線は海岸線沿いを走るんですが、海との間に民家や施設などがあり、正直眺望はあまりよろしくないです。
しかし潮の香りは、「ああ、海に来たんだなあ」と強く感じさせます。


「漁師料理かなや」さんに立ち寄り撮影。
P1060873.jpg

P1060892.jpg
対岸の三浦半島を望む。

P1060889.jpg
磯遊びができるんですね。

P1060884.jpg
内房線が走っていました。

P1060887.jpg
しらはま丸と書いてあります。この後、白浜まで行く予定です。

途中、テレビで何度か目にしたことがある有名な鋸山が見えましたが、今回はパス。いつか行ってみよう。

127号線から房総フラワーライン(257線)へ。
隧道をいくつも通り抜け、途中で「見物海岸」に立ち寄りました。この道は交通量もほとんどなく、走りやすいですね。
P1060911.jpg

P1060900.jpg

P1060928.jpg

P1060917.jpg

P1060932.jpg

P1060918.jpg
こじんまりとした海岸で人影も少なく、喧騒が苦手な私にとって、こういう場所は大好きです。

P1060929.jpg
寄せては返す穏やかな波を見ていると心が落ち着きます。

P1060910.jpg

さてと、最南端目指してフラワーラインを東へ進みます。
菜の花のシーズンが終わってしまったせいか、交通量は最小です。

目的地の白浜に到着。の前に、道の駅白浜野島崎に立ち寄ってみました。
P1060941.jpg

P1060945.jpg

P1060942.jpg
おっと、建物が農道の真ん中にポツンと寂しげに建っていました。
見るべきものは…、う~ん、特にないです(^^;

P1060943.jpg
田植えの一コマ。海沿いでも田んぼがあるんですね。
耕運機が耕すたびに小鳥たちが集まってきます。きっと泥の中のエサが目当てでしょうね。

用を足したらそそくさと道の駅を後にします。

すぐに白浜に到着。
こちらには大勢のバイクが停まっていました。ツーリングでしょうか?
P1060947.jpg
南国チックですね。

P1060949.jpg

P1060950.jpg

P1060954.jpg

P1060956.jpg
最南端の野島崎灯台を望む。


さて、どこかのブログで紹介されていた道の駅三芳村を思い出したので、行ってみることにしました。
P1060960.jpg

P1060959.jpg
足湯がありました。

P1060965.jpg

P1060962.jpg
施設の目の前にまたしても田んぼが。ほのぼのとした風景です。

20140518.jpg
ヨーグルト味のソフトを食す。おいしい♪350円也。
そして、お土産に「チーバくん」のストラップを購入。結構お気に入りです(笑)

海の景色を堪能したので、帰りは内陸?の山道を通ることにしました。

88号線を北上していくと、最初は山間ののどかな田園地帯を気持ち良く走ることができましたが、途中から中高速コーナーの連続する山道になり、更に進むと1.5車線、いや1車線に幅員が減少し、低速ブラインドコーナーになります。なかなか変化に富んだルートで結構神経を使いましたね~。

しばらく行くと両側2車線になり、山間部の新緑の景色を楽しみながら館山道を目指します。

元来た富津中央ICで高速に乗ると、アクアラインまで渋滞との表示が。通常30数分かかるところ、90分とな!
ちょっと甘く見ていましたが、ここの渋滞は相当ですね。
富津からアクアライン手前の袖ヶ浦まで、まさしく牛歩の渋滞にど嵌りです。
次回は下道で料金所まで行くことにします。

ようやくアクアラインに入ってからは断続的に動いたり止まったりですが、アクセルペダルを踏める時間が増えてなんとか前に進めるといった感じでした。

最後はちょっと疲れましたが、夏のような陽気の南房総を一日堪能することができました!
今回は房総フラワーラインがお気に入りになりました~。

tag : 南房総

富士山一周 新緑ドライブに行ってきましたよ

朝起きたらとても天気が良かったので、どこかドライブに行こうと行き先を色々考えて、そうだ道志みちに行こう!と思い立ち、気づいたら富士山を一周していました(笑)



途中宮ヶ瀬のいつもの駐車場に立ち寄りましたが、すでに一杯だったのでそのまま道の駅どうしを目指します。

P1060664.jpg

P1060666.jpg
途中コンビニで休憩。陽射しが強くて、今日は日焼けしそうな予感がします…

ほどなく道の駅に到着しましたが、ここも結構混んでいたのでスルーして山中湖まで足を伸ばすことにしました。

道志みちではちょっとしたアクシデント?が発生。
実は家を出るときガソリンの残量が少なめだったんですが、大丈夫だろ~なんて高をくくっていたら、道志みちを走行中にエンプティランプが点灯。
街道沿いに1、2軒GSはあるんですが、単価の表示も無いような昔ながらの店舗で思わずスルー。完全にタイミングを失い、かなり焦りました。
冷や冷やしながら数十キロ走行して、なんとか山中湖畔の177円/LのGSに滑り込み、10L給油したときの安堵感と言ったらありませんでした。 なにせビートのときに一度ガス欠を経験しているので(^^;
それから10km先の169円/Lのお店で満タンにしました♪

P1060669.jpg
山中湖に到着。富士山が目の前にどーんと現われたので、ちょっと立ち寄って写真を撮りました。

P1060671.jpg
望遠で撮ってみました。ジグザグな道らしきものが見えます。

P1060672.jpg
稜線がキレイ。

P1060674.jpg
南アルプスでしょうか?山脈がはっきりと見えますね。

P1060691.jpg

P1060693.jpg
湖畔のサイクリングロード。心地よい風を受けながら自転車で走れば気持ちよいだろうな~。

P1060683.jpg
鷺を撮ってみました。

P1060685.jpg
警戒心が強いので、すぐに逃げてしまいます。

P1060686.jpg
バサッと着地。

富士山と山中湖の景色を楽しんだ後は、そういえばロードスターで例の並木でまだ写真を撮ってないな~ということで、メタセコイア並木に行くことにしました。

旧鎌倉街道(138、139号線)で道の駅なるさわまで渋滞にはまりましたが、今日は初めて県道71号線を使ってみました。
いや~、ここは気持ちの良い道ですね♪
道の両脇の木々から木漏れ日が差す道が十数キロほど続くんですが、信号がほとんどないので、新緑のまぶしい今の季節は絶好のドライブルートです。


私も富士山をバックにして写真を撮りたかった…

途中、十里木高原で一休み。
P1060699.jpg

P1060701.jpg

P1060703.jpg

P1060715.jpg

P1060702.jpg

ここから十数分でメタセコ並木に到着です。

P1060820.jpg

P1060722.jpg
洗車していないのでちょっと汚れていますが、午後の少し薄暗くなり始めた陽射しでカモフラージュしています(^^;

P1060792.jpg

P1060734.jpg

P1060731.jpg

P1060839.jpg

P1060735.jpg

P1060825.jpg

P1060860.jpg

気持ちの良い新緑の中で、満足な撮影が出来ました!

帰りは裾野ICから東名に乗って、ほとんど渋滞なしで帰路に着くことができました。
もちろん鼻のてっぺんと両腕は見事に日焼けしていました(笑)

tag : 富士山一周 メタセコイア並木

YRSオーバルスクール in FSW 20140511に行ってきましたよ

YRSオーバルスクールに行って来ました。
天気は快晴。夏日で気温は高いものの、湿度は低く、絶好のスポーツ日和でした。

P1060654.jpg

P1060653.jpg

参加台数は22台。ここ最近では珍しく20台超えです。

今回も?ポルシェ軍団が多数。旧型の911やボクスター、ケイマンからGT3まで8台の参加で賑わっていました。
NCロードスターは私を含めて3台でした。

さて、午前中はいつものように小さなオーバルコースでイーブンスロットルの練習です。
45km/hから始めて、50km/h、55km/h、60km/hと徐々に速度を上げて周回していきます。(ラジオで逐次指示があります)
もちろん、ストレート、コーナーともに同じ速度で走ります。(ブレーキングも無しです)
スピードが上がるにつれコーナーでステアリングを切る位置を早めないと、たやすくアンダーを出してしまいます。
ステアリングを切るタイミングがキモとなります。

P1060656.jpg

P1060659.jpg
大好きなCL1アコード♪

次にトレイルブレーキング(引きずりブレーキング)の練習です。
ストレートで減速を終えて、コーナーエントリーから2/3くらいまでの区間でブレーキを引きずり(ブレーキペダルの遊びを消すくらいの薄~いブレーキ)、荷重変動を最小限に抑えた走りの練習です。

これはもう何回もやっていますが、本当に難しい。

前回3月の暴風雨の時の方がよっぽど上手くできたぐらいで、完全ドライのこの日は終始アンダーを出しっぱなしでした。

ちなみにトレイルブレーキングはヘアピンや3速で周るコーナーまで有効で、中高速コーナーではご法度です。


午後の後半は、大きなオーバルコースで7台づつコースインして追いかけっこです。
インストラクターの指示でインベタで走行したり、アウトインアウトで走行したり、接近戦の周回走行をしました。
後ろからピッタリ張り付かれると自分のペースで走れないし、逆にインベタで走っているクルマを抜こうとしても、トレイルブレーキングが上手く決まらないと思うように抜けません。

まだまだ体が操作を憶えていないようです。

課題は一杯ですが、上達するまでいつまでもチャレンジしていきたいと思います!

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : YRS オーバルスクール

ロードスターにホーンを取り付けましたよ

5週連続で2台洗車したTamonです。しかし洗車代もばかにならないなあ…

さて、ロードスターに社外ホーンを取り付けました。

シビックにはすでにボッシュのラリーストラーダホーンを取り付けてあるため、ロードスターの純正ホーンの音がどうにも貧弱に感じられ、一念発起してamazonで購入してみました。

モノは歴代所有車のほとんどに付けていた、定番のミツバ アルファーⅡコンパクトを選びました。
価格が3,000円以下と安いのが決め手です。
P1060634.jpg

車体に取り付ける前に、まずは下準備をしておきます。

下記の部品をホームセンターで購入しました。
P1060637.jpg
エーモンの0.75sq配線コード

P1060638.jpg
同じくエーモンのアース用クワ型端子セット、平型端子セット、予備として丸型端子セット

P1060639.jpg
アースコードを作ります。

P1060640.jpg
ホーン本体に仮付け

P1060641.jpg
コード保護用の蛇腹をセットします。
アース端子は取り付けステーの穴と共締めするため、ビニールテープで位置を合わせて留めておきます。

とりあえず、これで下準備は完了です。


次にホーンを車体に取り付けます。
今回はみんカラを参考にして、バンパーを外さずに取り付けることにします。

まず、純正のホーン位置の確認です。

P1060591.jpg
赤丸の場所に10mmのボルトで留まっています。もちろん反対側にも付いています。

で、どのように取り付けるかというと…

P1060589.jpg
リップスポイラーのこの部分に手を突っ込んで作業します!とても狭いです(^^;

幸い?私は手首から腕がとても細いので何とか手が入りましたが、普通の人は多分厳しいでしょう。
なので、この方法は人を選びます(^^;
ちなみに、この方法は両腕ともすり傷だらけになります…

P1060587.jpg
この穴の部分から覗くとホーンが見えます。

P1060588.jpg
この位置を確認したら、10mmのボルトを外します。

P1060644.jpg
まず、ハニカムグリルの穴に長いエクステンションバーを突っ込み、バンパー内で短めのエクステンションバーを連結します。

P1060643.jpg
先端にユニバーサルジョイントと10mmソケットを同じくバンパー内で連結して、ボルトを緩めます。

ボルトが外れたらコネクターを端子から引き抜き、純正ホーンを先ほどの穴から取り出します。

アルファーホーンはコンパクトとはいえども、純正に比べて大きいので、先ほどの穴から入れられません。
なので、いくつかのボルトで車体に留まっているロワーカバーを外して、半ば強引にホーンをバンパー内に押し込みます。

P1060647.jpg
純正のコネクター端子はちょっと短いので、あらかじめ延長コードを作っておきました。

ここまでは比較的順調に進みますが、これから先はかなり苦戦しました。
一番苦労するポイントは、ボルトを車体に取り付けるところです。
なぜなら手を限界まで伸ばしても、人差し指と中指だけでしかボルトをねじ込めないからです。
かがんだ体勢での作業は体力的に厳しく、何度もボルトを落としたり腕に切り傷を作りながらトライするため、かなりの精神力が必要です(大袈裟

ようやくボルトを取り付けられたときは、とても嬉しくてホッとしました(^^;
作業時間は予想を大きく上回る2時間でした。

P1060649.jpg

P1060650.jpg

軽くホーンボタンを押して吹鳴することが確認できたら、民家の無い場所に移動して音量確認します。


問題なく音が鳴りました。

しかし、この方法は疲れます。もうしばらくはやりたくないですね…(^^;

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

tag : ホーン交換

シビックで奥多摩周遊道路に行ってきましたよ

先週に引き続き、今回はシビックで奥多摩湖に行って来ました。

久しぶりのシビックでのドライブ。
足回りの硬さはもとより、ミッションの不調のほうがむしろ心配なのですが、さてどうなることやら…


ルートは先週とほぼ同じです。ただ、帰りは上野原に出ず、檜原街道(県道33号)を東に進んで、国道20号に出るルートをとりました。


P1060621.jpg
特に渋滞もなく、奥多摩水と緑のふれあい館に到着。既に17:00近くだったので、閉館ギリギリでした。
でもお客さんは結構多かったですね。さすがGW。

P1060626.jpg
車高の低いシビックは格好いいな~。(自画自賛)
でも決して「シャコタン」ではありません(笑)


P1060614.jpg

P1060615.jpg

P1060620.jpg


もちろん周遊道路を目指します。

P1060630_20140505135047d9b.jpg

P1060632.jpg
画像ではシビックがポツンと写っていますが、周りには大勢のクルマが停まっていました。
走り系のクルマも結構いましたね。

P1060627.jpg

P1060631.jpg

周遊道路は時間的に遅かったからか(19時には通行止め)、走っているクルマはほとんどなく、マイペースで走れました。

ただ、ロードスターでは気にならなかったんですが、段差ペイントが結構キツイですね。特に下りでは硬い足回りだと「ガコガコ」と盛大な音と振動が味わえます(^^;
これは想定内なのでいいんですが、3速に入れた時の「ガリッ」はワインディングだと顕著に現われます。街中でゆっくり走る分には問題ないんですが、少しでも回転が上がるとかじっちゃいます。

実際EKシビックをワインディングに持ち込むと、ロードスターに比べて軽快に駆け抜ける喜びという点では一歩譲りますが、エンジンの吹け上がる爽快さや、車体のキビキビ感では負けていません。むしろアドバンテージと言っていいほどです。足回りを柔らかくして、ミッションをOHした状態でもう一度走ってみたいですね。


さて、帰りはゆっくりとしたペース(バスが先導車)で檜原街道をずっと進んでいくと、檜原村役場を過ぎたあたりから徐々に混みはじめ、しまいには五日市警察署ぐらいまで延々と渋滞にはまってしまいました。この道は立川方面に向かうクルマで混雑するのでしょうか?

その後「東町」という交差点で左折、秋川街道にのったらスイスイ進みました。
日野バイパス経由→20号でオール下道で経費節約の、距離より時間を消費したドライブでした。

テーマ : ドライブ
ジャンル : 車・バイク

洗車とプチDIY

GW真っ只中ですね。

自動車税の通知書が来ました。
3ナンバーのロードスターより5ナンバーのシビックのほうが4,000円近く高いとはどういうことでしょう?
なんにせよ普通車2台の納税はキツイことに変わりありません…


さて、あまりにも天気が良かったので洗車とプチDIYをしました。

洗車後のシビック。
P1060603.jpg
この画像だとシビックはボンネットとバンパーで色の濃さが違うのが一目瞭然です。鉄板と樹脂では日焼け具合が違いますね。


P1060604.jpg
一方のロードスターはヘッドライトがくすんできています。納車時に磨いてもらったんですがね。いつか新品に換えたいな~。


ロードスターなんですが、今まで不便に感じていたのが小物入れが少ないことです。
スマホなど置く場所に困っていたので、みんカラのパーツレビューを色々見て回っていたら、なかなか良い物を見つけました。

NAPOLEX Fizz Fizz-946 スマートフォンスタンド

P1060593.jpg
3分割の両面テープ付きのフックというシンプルな構成ながら取り付けに自由度があり、場所もデッドスペースを有効活用できて良いです。

iBUFFALO USBシガーチャージャー 1ポートタイプ BSMPA07BK


P1060595.jpg
ついでにUSBシガーチャージャーも購入。
かなりの小型でツライチとまではいきませんが、ほとんど出っ張らないのが良いです。
輸入車のフタ付きタイプでも取り付けられるようです。(付属のストラップを付けました)

P1060598.jpg
収まりもグッド。ただシフトチェンジの時に少し当たる場合がありますね。


シビックはフルバケの座面調整をしました。
P1060609.jpg
ヒップポイントを下げたことによって、背中を面全体で支えられるようになりました。
全体的に体が後ろに下がったことによってますますボンネットが見えなくなりましたが、長距離ドライブでも腰の痛みが軽減されました。
ハンドル操作もし易くなってサーキット走行でも違いが出ると思います。

ほかにもアクセルペダルカバーを取り付けようとしましたが、あまりにも暑いのでモチベーションが下がってしまい、いつか気が向いたらやろうと思います(^^;


さて、天気も良いことだしドライブに行こうかなと渋滞情報を見ると、高速はどこも真っ赤になっています。
う~ん、出かける気力がなくなります(^^;

午後には出かける人も少なくなるだろうと予想して、13:30過ぎに下道で出かけることにしました。

続く…

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

tag : 洗車

シビック燃費記録 2014/5/4

シビック燃費記録 2014/5/4

32.3L/415km(@168円)12.84km/L
シナジーF1
シンエネ商事(世田谷区)

シビックの燃費、最近では過去最高。

テーマ : 燃費
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
40位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: