2014 F1日本グランプリ

F1の決勝を見に、台風18号接近にもかかわらず鈴鹿に行ってきました。

決勝前には大きなニュースが。ベッテルが今期限りでレッドブルを去ることが決定。
もしフェラーリに移籍になるとすると、アロンソはやはりマクラーレンへ行くのでしょうか…

正直今回だけは直前まで行くかどうか悩みました。交通機関の乱れを覚悟して、半ば賭けで日曜の決勝だけ観戦することにしました。
翌日の未明から朝方にかけては物凄いことになっていましたが、無事に帰ることができて結果的にラッキーでした…

実は今年のF1はあまりTV観戦していません。開幕戦と数戦くらい。
ターボ化による魅力的なエンジン音の低下、メルセデス一強などさまざまな理由はあるのかもしれませんが、なぜかモチベーションが上がらず。でも、鈴鹿参りだけは別なのです(^^;

いつものように新幹線→名古屋から近鉄特急→白子駅からシャトルバスで13:30頃鈴鹿サーキットに到着。

DSCN0488.jpg

DSCN0489.jpg
台風の中、予想以上の人の数にちょっとビックリ。

空模様は、小雨が降ったり止んだりの小康状態。
恒例のクラシックカーによるドライバーズパレードが奇跡的に開催されました。

DSCN0493.jpg

DSCN0498.jpg
可夢偉のガッツポーズ。

DSCN0492.jpg

観戦ブロックは初の西コースのJ席。まずは結構急な階段を降ります。

DSCN0491.jpg
今度は階段を登ります。
ロケーション的にはハードですが、観戦ポイントとしては値段的に見て良かったです。

決勝の15:00が近づくにつれ、雨が本降りに。
残念ながら予想通りのセーフティーカー先導のローリングスタートで2周を消化後、コンディション悪化による赤旗中断。
約15分後に再びSC先導スタートで、10周後にようやく雨が小降りになり、SCのルーフ上のランプが消え、いよいよ本スタート。ここで観客席から大きな拍手。
DSCN0502.jpg

フルウェットコンディションの中、水しぶきをもうもうと上げながらF1マシンがコースを疾走する。
各ドライバーの神がかり的なマシンコントロール。F1ドライバーのテクニックにただただ驚嘆。

レースは大雨の中でのサイドバイサイドやオーバーテイクが見られ、鈴鹿ならではのバトルが堪能できました。
見ている側も、山岳用の雨具とポンチョ、ザックカバーなどで重武装。それでもかなりヘビーな観戦でした。

40数周後、ジュール・ビアンキのクラッシュで赤旗中断、そのままレース終了となりました。
いまだに危篤状態のジュール・ビアンキの無事を祈っています。

帰りはほぼ雨は止み、大きな混乱もなくシャトルバス乗り場へたどり着きました。
交通機関はほぼ通常通りに動いていたので、白子駅から運良く特急券を購入して名古屋駅へ。

新幹線は指定席は売り切れていたので、自由席の座席をなんとか確保してほっと一安心。
23時前には自宅に到着。

そこそこハードな日帰りF1観戦でしたが、やはり鈴鹿は何度訪れても良い場所です♪
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : F1 鈴鹿

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
36位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: