ドライブレコーダーのススメ

もし事故やトラブルに巻き込まれて、相手側の主張と食い違ったらどうしますか?自分を正当化しようと必死に言い訳や嘘の証言をしたら後々とても面倒ですよね。
そんな時に「第三者の目」として強い見方になってくれるのがドライブレコーダーです。

ドラレコ(ドライブレコーダー)って聞いたことがある人も多いと思いますが、車好きの間では車載が増えてきているものの、まだまだ一般的に普及しているとはいえない状況です。

そもそもドラレコって何?

どういったことに役に立つの?


といった疑問がある方もいらっしゃると思います。
まずはドライブレコーダーについて簡単に説明したいと思います。

■ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、動画と音声を自動的に記録する車載カメラのことです。
万が一の事故や、トラブルのときの記録として残すことができます。
一般的にフロントガラスのバックミラー付近に取り付け、電源はアクセサリー電源(シガーソケットなど)から取ります。

P1030001.jpg

また、記録として残ってしまうので、自分自身も安全運転をしないといけないという意識が働いて、事故の抑制効果もあると言われていますね。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

わたしの2台の愛車にはそれぞれドライブマン1080というドラレコを取り付けています。

そもそも購入した動機は、万が一の事故のときに、きちんとした証拠を残しておきたいという気持ちからでした。
今まで事故に遭ったことはありませんが、ドライブを楽しむ者としてドラレコを付けているという「安心感」は大きいものがあります。

取り付けてからシビックは2年ほど、ロードスターは1年ほど経ちました。
購入した当初はもちろん事故やトラブルに遭ったときの保険のためでしたが、今やドライブに出掛けたときの記録やサーキット走行の記録などをメインに活用しています。

それでは、なぜドライブマンを購入したのか、理由をいくつか紹介していきたいと思います。

ドライブマンを購入した理由

理由1.フルハイビジョンで高画質録画ができる


※画面右下の「歯車」マークをクリックして画質を1080pHDに設定し、全画面表示にしてご覧ください。

動画をご覧いただければ分かると思いますが、薄暗い峠道での対向車のナンバープレートがはっきりと読み取れます。
(1:40あたり)低画質なものだと読み取れないものもあるようなので、万が一のときの証拠になります。
1920x1080のフルハイビジョンならではです。


また、現在LED式の信号機が増えてきていますが、実は点灯しているように見える信号は高速で点滅を繰り返しています。
他のドラレコだと信号が「消えている」タイミングで記録してしまうこともあるようですが、ドライブマンはしっかり記録することができます。信号機を遵守していたことを証明できます。

理由2.シームレス録画が可能

ドライブマンは5分ごとのファイルに記録されますが、ファイルの間隔が0.05秒と極めて短い為、ほとんどシームレスのように再生することが出来ます。ギャップ間に万が一の記録が撮れなかったら意味が無いので、これはかなり大きなポイントですね。

このドライブマンは常時録画型なので、どんどんSDカードに録画されていきます。
ただ、SDカードの残量がいっぱいになった時点で最初の記録から上書きされてしまうので、大事なデータはバックアップを取る必要があります。私はお気に入りのドライブやサーキットの記録をPCのハードディスクに保存しています。

ちなみに32GBのカードで約8時間録画可能です。(1080pHDモード)

理由3.信頼性が高い

警察車両に採用された信頼性も選んだポイントになりました。
ちなみに、ドライブマン720psというセキュリティが強化された警察仕様があるそうです。(個人では購入不可)

■ドライブレコーダーの活用法

ドライブレコーダーの一番のメリットは、やはりエンジンキーをひねったら即、自動的に録画してくれる手軽さです。
もっと画質の良いビデオカメラやウェアラブルカメラなどがありますが、録画ボタンを押す一手間が意外と面倒だったりします。

何の操作もせず、ただクルマを走らせるだけでいつでもどこでも録画してくれるのは本当に便利です。
ドライブやサーキット走行の後に撮った動画を見返すのが毎回の楽しみになりました♪


ドライブ動画
ビーナスラインから見る青い空と草原の緑が美しいですね。


サーキット動画
プロのレーシングドライバーの動画です。レコードラインがはっきりと分かりますね。

■取り付け方

取り付けは非常にカンタンです。
付属のシガーソケットアダプタをシガーソケットに差し込むだけでOKです。
あとは本体をフロントガラスの適当な位置(バックミラーの裏)に付属のブラケットを取り付ければ、すぐに使えるようになります。

また、ACC(アクセサリー)電源に直結するタイプもラインナップにありますので、配線をスッキリ隠したい方、DIYが得意な方はそちらを選んでみてください。
ちなみに、私のシビックにはシガーソケットタイプ、ロードスターにはACC電源直結タイプを取り付けています。

取り付けに不安がある方は、ディーラーや量販店などに頼めばほとんどの所で取り付けてくれると思います。(工賃はお尋ねください)

■弱点

もちろん高性能とはいえ、いくつかの弱点はあります。

1.超・高性能なカメラではないこと。しょせん小型のビデオカメラなので、高性能な専用カメラのような画質を期待するとガッカリするかもしれません。あくまでも最低限の画質はクリアしているという認識が良いと思います。

2.ドライブマンに限ったことではないですが、フロントだけに取り付ければ、前からの事故にしか対応できません。全方位を網羅することは事実上難しいので、気になる人はリアにもカメラを取り付けるのが良いかもしれません。

■注意点

注意点としては、SDカードはクラス10のハイスピードタイプを選んでください。
低品質のカードだと上手く録画されない場合があります。

また、SDカードを頻繁に抜き差しすると、接点の金メッキ部分が劣化して、録画されない場合があります。
私も経験が有るので、できるだけ品質の良いものを選んだほうが良いです。

最近はSDカードも安くなってきているので、消耗品と割り切って使うのが良いですね。
ちなみに、私はこのカードを使っています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

事故のときの保険として、またドライブ、サーキットの記録用として、かなり満足度が高いドライブマン1080。
ドライブグッズとしてオススメです。




ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

※2015/2/20加筆修正
スポンサーサイト

テーマ : カー用品
ジャンル : 車・バイク

tag : ドラレコ ドライブマン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M10 MarkⅡ、E-M5

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
21位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: