無限サーキットチャレンジ in FSWショートコース 2015/3/21

無限サーキットチャレンジに参加して来ました。場所は富士スピードウェイにあるショートコースです。
ここを走るのは2012年に初参加以来、3年ぶり2回目となります。

富士ショートはTC1000よりさらに短い、約867m(コースレイアウトにより変る)のアップダウンのあるテクニカルコースです。
正直、攻略が難しいミニサーキットです。

P1150169.jpg
無限サーキットチャレンジはホンダ車限定のサーキットイベントです。
参加車は軽自動車のN-ONEから、Fit、CR-Z、インテグラ、シビック、S2000など多種多彩。

P1150156.jpg
黒いホイール姿はなんだか新鮮な感じ。自分のクルマじゃないみたいです(笑)

P1150202_2015032122380327f.jpg

P1150164.jpg
パドックからコースインする通路は下り坂になっています。

P1150205_20150321220939936.jpg
路面コンディションはハーフウェットからセミウェット、午後の最後のセッションのみほぼドライといったところでした。

P1150163.jpg
1コーナー、2コーナー、3コーナーと連続する複合コーナー。ウェット路面ではスピンしやすい場所です。
リアの荷重が抜けないように、短い区間でもアクセルを開けて姿勢を保つようにします。

P1150229_20150321220812a4d.jpg
この写真では見えないですが、4、5、6コーナーはこのコースの難所です。
ライン取り、ブレーキングポイント、ブレーキのリリースポイント、クリッピングポイントなど、結構悩みました。

P1150162.jpg
最終コーナーもきっちりクリッピングを取らないとアンダーを出しやすいです。

それでは各セッションのベストラップです。

走行1回目:45.791 ウェット(10/17ラップ)
走行2回目:43.512 ウェット(16/17ラップ)
走行3回目:42.601 セミウェット(11/19ラップ)
走行4回目:39.710 ドライ(15/20ラップ)

ちなみに、2012年のベストタイムは39.486でした。

事前の予習もほとんどしないでの参加でしたが、体験走行も入れると何十週かは走っているので徐々にコースに慣れていって、最後のセッションの後半にベストタイムが出ました。

ストレート区間が短く、爽快感のあるコースとは言いがたいですが、ウェット時の繊細なコントロールが学べる、学習に最適なコースだと思います。ただし、路面ミューの低いときはスピンに気をつけたいところです。



ベストラップの車載動画はバッテリー切れで録画されなかったので、走行3回目のセミウェットの動画を貼ります。
まだまだ探り探りの状態の走行なので、ぬるい動画となっています(^^;


こちらは走行4回目のドライでのドラレコ動画になります。

今回の担当講師はGTドライバーの中山友貴選手でした。
たしか前回のときも講師をつとめられていたと思いますが、若いのにとてもしっかりとした講評が印象的でした。

30分間の走行講習が2回ありましたが、よどみなく落ち着いた説明をされていて、正直見た目からの予想を良い意味で裏切られました。各参加ドライバーの走りをチェックした講評と、コース攻略アドバイスも理論的で分かりやすかったですね。


さて、無限後援の走行会イベントなので、デモカーも毎回来ています。

P1150173.jpg
いつも来ているS2000。

P1150160.jpg
こちらは2007年に300台限定で発売された、FD2シビックtypeRをベースに無限がチューニングを施した、無限RR。約477万円の高額限定車でした。RRは滅多にイベントに持ち込まないそうなので、今回貴重な雄姿を拝められました。

P1150181.jpg

P1150185.jpg

P1150194_2015032122262597b.jpg
今回の講師の一人である、あの山野哲也選手の愛車、BMW E60型 M5。無限RRが3台買えちゃうお値段ですよ!

P1150197_20150321222627aac.jpg
ドリルドローターとビッグキャリパーがスーパーセダンの証でしょうか。


さて、今年から無限サーキットチャレンジの開催回数が2回になってしまいました。
新たにサーキット走行を楽しむ人が減ってきているのもひとつの要因かもしれません。

このイベントは私がサーキット走行をはじめた頃に初めて参加した走行会なので、少し思い入れがあります。

以前にも書いたのですが、「非日常」のサーキット走行は、参加するのに勇気がいったり、コストが安くは無かったりと敷居はちょっと高いかもしれませんが、走り終えた後の充実感はとてもすがすがしい気持ちになります。

今回隣に停めていたEK9シビックの方はとても若い方でした。(多分20代前半)
私のようにタイムを求めないでライフワークで毎回のように参加する方もいれば、若い方も新たに加わっていくイベントは、今後も続いていって欲しいと願っています。


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 無限サーキットチャレンジ 富士ショートコース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
36位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: