スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アルプスエコーラインとR152ドライブ 天空の里・下栗を訪ねる

カメラ機材などをロードスターのトランクに詰め込み、夜中の零時に自宅を出発。
一路、中央道の諏訪ICを目指します。

P6130006(1)_201506140345244f9.jpg
R152の杖突峠展望台からちょうど朝陽と雲海を見ることができました。

P6130012(1).jpg
ここから長いドライブの始まりです。
ちなみに、今回から新しいカメラ、OLYMPUS『OM-D E-M5』と標準ズームレンズ『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO』の機材が新たに加わりました。まだ慣れないですが、GX1、RX100とともに活躍してもらいます。


さて、山深いR152を走っていると、途中で若鹿2頭、ニホンザル2匹が目の前を横断するのを目撃しましたが、なんとか事なきを得ました。夜行性の鹿は朝方でも活発に活動しているので、道中、運転は用心していきます。


P6130034(1).jpg

P6130036(1).jpg
しらびそ高原付近にて。新緑の山々が美しい!

P6130051(1).jpg
険しい狭路の続くR152を走り切ると、ようやくしらびそ峠に到着。標高は1,833m。この時間はすでにもう真夏の陽射しです。暑い!

P6130047.jpg

P6130046(1).jpg
逆光ですが、清々しい眺め♪

P6130054(1).jpg
南アルプスエコーライン

P6130056.jpg
道幅は場所によっては1.5車線以下と狭いですが、リズムに乗って走ることが出来る丁度良いあんばいのコーナーが続きます。

P6130058.jpg
太古の昔、隕石が落ちたんでしょうか?

P6130060.jpg
展望地から見た全景。

P6130061.jpg
クレーター展望地にて。

P6130063(1).jpg
下栗の里、「そば処 はんば亭」の駐車場に到着。

P6130065.jpg
時刻は7:30を回ったくらいです。

P6130064(1).jpg
先客はいません。

P6130066.jpg
夕焼けも美しそうです。

P6130072.jpg
クルマをここに停めて、天空の里を見渡せるビューポイントまで歩いて行きます。

P6130076.jpg

P6130077.jpg
片道およそ15分くらいかかります。

P6130078.jpg
アップダウンはほとんどありませんが、山道なので滑りにくい靴を履いていきましょう。

P6130080.jpg
展望台に到着。

P6130094.jpg
おお、なんという眺め!信州三大秘境の一つ、下栗の里を一望できる絶景です。
この場所はオーストリア・チロル地方に似ていることから、「日本のチロル」と呼ばれているそうです。

P6130098.jpg
クリックすると拡大されます。

P6130084.jpg
標高1,000mの山肌にへばりつくように点在する民家群。古(いにしえ)より連綿と続く生活の営みがこの集落を形成しているんでしょうね。

P6130089_20150614041324b45.jpg

P6130090.jpg
ズームで。ちなみに、眼下に見えるつづら折の道を走ってみましたが、とても狭く、待避所でないとすれ違い不可です。

P6130090_20150613214550d22.jpg
クリックすると拡大されます。



まるで上空からジオラマを覗いているような錯覚に陥る風景でした。これを見るためだけでもここに来る価値はあります。


DSC00476.jpg

DSC00473(1).jpg
R152を延々と進んでいくと、通称「分断国道」の青崩峠付近に着きました。何かワクワクする所です。
左がR152の迂回路になります。

DSC00478(1).jpg
「通行不能」という見慣れない標識があります。ロードスターでここを探索するのは止めておきます(^^; ジムニー欲しい。
さしもの日本の国土技術をもってしてもトンネルを掘り抜けないとされている場所のようです。



DSC00483(2).jpg

DSC00488.jpg
さらに進むと、好奇心をそそられる標識が目の前に。

DSC00492.jpg

DSC00493.jpg
「林道」か~(^^; 落石が気になりますが、意を決してGo!

DSC00496.jpg
なかなかの急勾配とガタガタ道です。握りこぶし大の落石もちらほら。

DSC00497.jpg
危険を感じたので、あえなく途中の水汲み場のある場所で転回しました。やはりジムニー欲しい。

P1180060.jpg

P1180073(1).jpg

DSC00500.jpg
ひたすら天竜川沿いのR152を走破し、途中でパトカー(パッソ)に道を譲られるという初体験をしつつ、浜松浜北ICで新東名に乗って帰宅の途に着きました。渋滞は全行程を通して皆無。


DSC00505(1).jpg
汚れが余りにも酷かったので、帰りににKeePerLABOで洗車してもらいました。車内清掃も合わせてスッキリ!

ここまでのルート

約610km、15時間のドライブでした。
燃費:約13.6km/L


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 南アルプスエコーライン R152 天空の里 下栗の里

コメントの投稿

非公開コメント

下栗の里、良いですね~
私もいつか行ってみたいです^^
あの宙に浮いたような光景は素晴らしいですね。

・・・っと、E-M5とF2.8PROレンズご購入おめでとうございます!
いやぁ羨ましいです・・・2.8通しのレンズですと表現力も増しそうですね^^

青崩峠もとても冒険心をくすぐる楽しそうな道ですね~

Tamonさん、こんにちは (´∀`)

おお、下栗の里ではないですか!
すごく綺麗に撮れていますね。

実は、下栗の里をはじめ、南信州にはよく行きます。
特に浜松の実家を起点にして行くことが多いです。

下栗は、ご当地野菜の「下栗いも」が美味しいですね。
しらびそ高原も、このうえなく素晴らしい所ですね♪
(山が見えていれば)

水汲み目的で足神神社までなら行ったことがあります。
その名のとおり、足にご利益のある神様です。
「大丈夫かな~」というような道ですが、ちゃんと車で行けましたよ。

あのあたりは大好きですので、Tamonさんのブログを拝見してなんだか嬉しくなりました♪

5026さんへ

下栗の里は浜松側から行くと比較的ラクにアクセスできるようですね。天空の里は素晴らしい眺めなので、是非訪れてみてください(^^)

新カメラとレンズはレンズ交換の手間が省けるので、機動力と利便性が増してグッドです。が、カメラ任せがより助長されそうです(^^;

青崩峠は徒歩で行けるようなので、いつか再訪してみたいですね。

はなみづきさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます(^^)

おお、はなみづきさんはこちら方面に良く行かれるんですか。ふうむ、ご当地野菜の「下栗いも」というのがあるんですね。再訪の際には是非食してみたいです。しらびそ高原から見る南アルプスの峰々は素敵な景色でした♪

足神神社に水を汲まれにも行かれたんですね。あの道はスポーツカーには少々厳しかったです(^^;
水汲み場は、すぐ後ろからやってきた夫婦の方が数十本のペットボトルを持ってきて汲んでいたので、結局飲めずじまいでした…(笑)

懐かしい

自分も3年ほど前に同じようなルートで楽しみました。
懐かしく、画像を拝見させて頂きました!(^^)!

その時も丁度同じような季節。
初夏の時期、ここら辺は気持ちが良いですよね。

また行きたくなりました(^^)

tomoさんへ

3年前に同じルートを走られたんですね!
清々しく晴れた日の高原ドライブはホント気持ち良いですね♪

梅雨の合間の晴れた日に是非ドライブに繰り出しましょう(^^)
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
24位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。