九重・阿蘇の絶景ロードを行く 湯布院日田往還~やまなみハイウェイ編

連休と有給1日を絡めて、九州の九重と阿蘇周辺の絶景ロードをロードスターでドライブしてきました。折りしも台風11号が中国・四国地方を縦断中。まさしくその瞬間を横から突っ切る形でもろに直撃を受けました。土砂降りや強風、山陽道の途中で通行止めなどの中、慎重に高速道を走り抜け、なんとか夜の11時に宿泊地である北九州の門司港に到着。

片道約1,100km。昔卒業旅行と称して、友人と運転を代わりながら九州半周の旅をしたり、会社の営業車で途中宿泊しながら行ったことはありますが、愛車で、更に1日で一気に走りきったのは初です。今まで経験したことのない疲れでした。

ここまでのルート

P7180077(1).jpg
翌朝向かったのは、大分自動車道の湯布院ICから程近い湯布院日田往還(K11号)。眼前に勇壮な由布岳を見上げながらの九十九折のワインディングロードは景色と走りを同時に楽しめ、来る者を惹きつけて止みません。

天気予報では曇りのち晴れ。九州は台風の影響が少ないと踏んでのプランでした。

P7180082(1).jpg
中腹にある狭霧台。ここから眺める湯布院の街並みは抜群です。

※湯布院:元々は由布院町。昭和30年に湯平村と合併して湯布院町に。更に平成17年に合併して由布市へ。

P7180089(1).jpg

P7180079(1).jpg

P7180099(2).jpg
麓では美しい高原の中を道が通ります。

上りきったら城島高原に出ます。そこで折り返してやまなみハイウェイを目指します。
R210号をトレースし、水分峠から再びK11号に入線します。ここからやまなみハイウェイのスタートです。

P7180109.jpg
スタート地点からしばらく行くと、蛇越峠にさしかかります。ここにある蛇越展望所から由布院盆地を眺めます。

P7180112.jpg

P7180115(1).jpg
霊峰由布岳。とても存在感のある山です。

P7180125.jpg
更に進むと、爽やかな木々の間を貫く直線道路がしばらくの間続きます。行き交う車も少なく、とても気持ちの良い道路です。

P7180130(1).jpg
ほどなく朝日台レストハウスに到着。雄大な九重連山がそびえ立っているのが見えます。

P7180155(1).jpg
早朝こそ曇りがちの空模様でしたが、時間が経つにつれ日差しが容赦なく屋根を開け放ったロードスターとドライバーを襲います。おかげで両腕は真っ赤に日焼けしてしまいました。

P7180171(1).jpg
飯田高原を過ぎしばらく直線道路を進むと、長者原(ちょうじゃばる)付近の直線道路にさしかかります。目の前にそびえ立つ九重の山々にただ圧倒されるのみ!

DSC00652(1).jpg
左手奥に見える駐車スペースには先客のライダー達が記念撮影をしていたので、そのまま通り過ぎました。

P7180179.jpg
硫黄の匂いがたちこめるワインディングロードを登っていくと、牧の戸峠のレストハウスに到着。

P7180182.jpg
駐車場にはハイカーたちと思われる多くの車でいっぱいでした。

P7180195(1).jpg
ピークからクネクネ道を下った先にあるビューポイントで高原を眼下に望む。
かすみの向こうに阿蘇山でしょうか?山々もかすかに見ることができました。息を呑む絶景に言葉を失いました。

P7180201(1).jpg

P7180209.jpg

P7180206(1).jpg

P7180203(1).jpg
清々しい高原の下り道で無心にシャッターを切ります。

P7180207.jpg


P7180215(1).jpg
峠を下りきると、今度は牧草地帯の中を貫く快走路を走ります。ただし、若干路面は荒れています。

P7180217(1).jpg
ここで前日の高速道路の移動で付いた虫たちの亡き骸を、軽く黙祷したのち、応急処置的にスプレーで水を拭きつけ落としました。

K11号とK45号の交わる交差点にさしかかると、そこからは大観峰へと向かうミルクロードを駆け抜けます。
ここは脳裏に焼きついて忘れることのできない素晴らしい高速ワインディングロードでした。機会があったらまた走りたい…

次回へと続きます。

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 湯布院日田往還 やまなみハイウェイ

コメントの投稿

非公開コメント

阿蘇まで!お疲れ様でした^^
台風の中、なんと現地は快晴ではないですか!素晴らしいですね~

いやぁ・・・それにしましても阿蘇のこの道は凄い所ですね。
ここをレンタカーなどではなくご自分のお車で走る歓びはひとしおでしょうね。

私も行けるものなら行ってみたいです~ミルクロード走りたいっ^^;

素晴らしいっ!

おぉ~、九州まで行きましたか!
素晴らしい行動力!!

九州、まだ未踏の地です。
ブログを拝見し、「いつの日か」を妄想しております。

続報、楽しみです!(^^)!

5026さんへ

実は直前まで東北方面に行く予定でしたが、台風の動きなど見ているとこちらのほうが晴れそうだったので思い切って予定変更しました。案の定、阿蘇周辺は快晴でした!

やまなみハイウェイは林間の直線道路、九重近辺のワインディングロード、牧草地帯の快走路と変化に富んだ道でとても楽しめました。レンタカーで行くのが一般的ですが、どうしても愛車で走るのが夢でしたので、念願叶って最高の気分でした♪

ミルクロードは今まで走った中で最も印象的な道路でした。5026さんもいつか走ってみると、きっと感動すると思いますよ(^^)

tomoさんへ

かなり無理めな行程でしたが、思い切って行ってしまいました(^^;

九州はフェリーを使わない分、北海道と比べれば気軽に上陸できるので、機会があれば是非訪れてみてください。特に阿蘇周辺の道路はどこを走っても楽しい&眺望抜群なので、オススメです(^^)

阿蘇までのロングドライブ、お疲れ様でした。
私も行ってみたい場所なんですよね~。>阿蘇
そう易々と行ける距離ではないのですが、ロードスターで実走したレポートを拝見すると、「お、自分でも行けるんじゃ?!」と錯覚します。(笑)

続きのレポートも楽しみにしています!

hisadoiさんへ

ありがとうございます。
かなりの強行軍でしたが、1日で走りきるのは絶対オススメしません。足腰がかなり逝きます(^^;

でもNCは高速の移動がラクでいいですね。軽快感は少し物足りませんが…

無理のない余裕を持ったスケジュールで是非訪れてみてください。きっと雄大な景色に感動しますよ♪

今週はどちらに行かれたのかなぁ~なんて思ったら九州ですか!
片道1,000km超え。ホントにお疲れ様でした。
(そういう私も、いつか北海道の宗谷岬に愛車で行くことを大きな目標としています。。。(^-^;)

牧の戸峠のレストハウスからの眺め、辺りに山々を望む開放感に満ちたワインディング、とても素晴らしいですね(^^)
ミルクロードのレポート楽しみにしています♪


なべちゃんさんへ

1,000kmを一日で走るもんじゃないと実体験しました(^^; 相当足腰に来ますね…

北海道は絶対行ってみるべきですね。私もいつか(来年あたり?)単独ドライブを実行に移したいです。

天気に恵まれ、快晴のもと緑と青空を満喫しました。阿蘇周辺は予想したよりも絶景ロード満載でした!
ミルクロードも素晴らしかったので、レポートを是非見てくださいね(^^)
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
26位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: