シビックで行く 奥武蔵グリーンライン~間瀬峠

なべちゃんさんが以前ブログで紹介されていた奥武蔵グリーンラインをシビックで走ってきました。

P8220964(1).jpg
天気予報は曇りのち晴れでしたが、ご覧の通りグリーンラインは終始霧に包まれていました。

P8220956.jpg
まずは関越道の坂戸西ICを降り、鎌北湖へとやってきました。

P8220959(1).jpg
無料の駐車場が完備されているので、ちょっと休憩。

P8220952.jpg
少し辺りを散策しましたが、閑静なこじんまりとした湖です。早朝から多くの釣り人が太公望されていました。

P8220960.jpg
湖岸の北側をトレースすると顔振峠(こうぶりとうげ)への案内板が見えてくるので、左に進みます。そこが奥武蔵グリーンラインの入口となります。

このルートは1.5車線ほどの舗装路が延々と続く「林道」なので、最初は少し進むのをためらわれました。また、路面には落ち葉や折れた枝、時々落石があるので、くれぐれも慎重に走る必要があります。(至る所で落石注意の看板が設置されていました)

早朝の小雨降りしきる薄暗い霧の中、ワイパーを動かしながら進んでいくと、なにやら林道の向こう側から走ってくる集団が現われました。どうやら大学の駅伝の練習のようです。こんな山奥で練習するんだなあと驚きと感心の混じった感情で、伴走車となんとか狭い道をすれ違いました。

対向車に気をつけて走りますが、結局終点の定峰峠までの間、伴走車2台とその他地元の車1台としかすれ違いませんでした。

P8220966(1).jpg
途中、天文岩に立ち寄ってみました。

P8220965.jpg
何でしょう、この存在感は!思わずその威容に圧倒されてしまいました。

P8220972.jpg
何とも表現に困る造形をしています(^^;

P8220985.jpg

P8220986.jpg

P8220989.jpg
180度折り返した分岐をナビに案内されたまま進むと、ほどなく顔振峠に到着。

P8220991.jpg

P8220988.jpg
早朝なので、もちろんお店は閉まっています。

晴れていれば昔の旅人が思わず振り返ってしまうほどの素晴らしい景色がここから望めたのでしょうが、それはまたの機会に。

ずんずんと先に進みます。

P8221003(1).jpg
至る所にレッカーの看板が。昔は走り屋のメッカだったらしいですね。

P8221000.jpg
途中の傘杉峠にて。

P8220996(1).jpg

P8221001.jpg
回転の跡。

P8221009.jpg
黒山展望台にて。

P8221005.jpg

P8221012(1).jpg

P8221011(1).jpg

P8221014.jpg
大きくカーブしたコーナーです。昔ハチロクがここでド○フトしてる動画を見た記憶があります。そういう道です。

P8221016(1).jpg

P8221019.jpg

P8221020(1).jpg

P8221021.jpg
「関八州見晴台入口」の看板があったので、雨露で足元が非常に滑りやすい山道を登っていくと・・・

P8221023.jpg

P8221025.jpg
カエルも活発に動いています。

P8221026.jpg
なぜかこちらの道路に出て・・・

P8221028.jpg
さらに入口が!ここまで車で来れたんですね(汗) 10分ほどの山登りでしたが、かなり汗をかき、足元もすべるのでここで撤退します。どうせこの様子だと展望も望めないでしょう。

P8221030.jpg
難読の峠にて。

P8221032(1).jpg

P8221033.jpg
50年以上の歴史があるんですね。

P8221034.jpg
林道の汚れた路面+小雨のダブルアタックにより、ボディへの汚れがピークに。致し方ありません。

P8221038(1).jpg
続いて刈場坂峠にやってきました。ここは比較的広い駐車場と、簡易トイレが設置されています。

P8221044.jpg
ここは左に行くと正丸峠へと続く道との分岐点となっています。

P8221050.jpg
グリーンラインで唯一一回のみ、青い空が雲の間から覗く姿を見ることができました。

P8221049.jpg
残念ながら景色は分厚い雲の中に隠れてしまっています。

P8221065.jpg
大野峠。

P8221062(1).jpg

P8221054(1).jpg
広いスペースがあったので、クルマを停めて十数分目を閉じて休憩しましたが、クルマ一台通ることなく、静寂に包まれていました。

P8221071_201508222057481f8.jpg
駐車場の輪止めを少し低くしたような段差がコーナーごとに設置してある下り坂を恨めしながら下っていくと、白石峠に到着。

P8221072_20150822205746746.jpg
ロードバイクの方がここで購入して喉を潤していました。

P8221073(1).jpg
さらに段差攻撃の続くコーナーをクリアしていくと、終点の定峰峠に到着です。段差さえなければ絶好のコーナーです。

P8221081(1).jpg
前回代車のライフでここに来たときはこの林道はどこに続いているのかな?と思っていましたが、この道はここに出るんだなあと納得。

P8221074.jpg
走りのクルマが2台停まっていました。

P8221082(1).jpg

定峰峠
ここから本日の最終目的地の間瀬峠に向かうのですが、やはりここに来たからには一度峠を往復することにしました。
背後からライトを点灯させたバイクの存在を感じながら、小川町方面へとタイトコーナーを駆け下っていきます。

鬼うどんはまだ開いていないので、そのまま麓のバス停までやってきました。

P8221094.jpg
「D」なマンガのニセ藤原拓海が現われた場所です(笑)

今度は上りのタイトコーナーをマイペースで駆け上がり、定峰峠を越えて秩父側のワインディングに入ると、舗装状態が良くなり、ヘアピンカーブもあったりと走りを楽しみながら長瀞方面に舵を取ります。

途中、150円という破格のコイン洗車機のあるガソリンスタンドを見つけたので、迷わずピットイン。洗車機は普段使わないので慣れない操作にあたふたしながらなんとか完了。すっきりしたところで、間瀬峠に気分良く向かいます。

R140を北上し、射撃場入口という物騒な名の交差点を左折。素晴らしいコーナーの連続する間瀬峠に思わずアクセルペダルを踏む右足に力が入ります。

間瀬峠

P8221098.jpg
峠にある林道の入口。ここもDの舞台ですね。多分舞台としてはもっとも地味なロケーションだと思います。
一応ここも全線走破しましたが、1.5車線弱くらいの狭路でした。

P8221102.jpg

P8221103.jpg
一番開けているところで景色を望む。眺望自体は悪くないですが、

P8221105(1).jpg
やっぱり狭い道ですね。

これでDの舞台を完全制覇?しました。唯一、茨城のパープルラインのみ通行止めで走破は出来ませんでしたが、一応これでDの峠めぐりは終了です。

林道を抜けるとK13にぶつかるので峠の南側を半周して再びR140にスイッチし、間瀬峠に再アタック。

P8221112.jpg
今まで走った峠の中でもトップクラスの舗装の良さとコーナーの曲率でした。それを物語るように路面にはお決まりのBMが多数有り。走りの楽しさももちろんトップクラスです!

P8221109(1).jpg

P8221114.jpg
途中の間瀬湖にて。ここらあたりは急に幅員が減少するのでスピードに要注意です。

間瀬峠を満喫したので、Honda寄居工場を横目に見ながらR254をひた走り、関越道に入線して無事家路に着きました。

所要時間:約10時間
走行距離:約290km

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 奥武蔵グリーンライン 定峰峠 間瀬峠

コメントの投稿

非公開コメント

グリーンライン走破!

奥武蔵グリーンラインはいかがでしたか?(^^)

天気だけが唯一残念でしたね。
でも、朝早く辺りが霧に包まれていて、林の中の程よい静寂さがとても伝わってきます。

「天文岩」の前も通りかかったのですが、その際はロードバイクの方々が休憩されていたのでスルーしてしまいました。
こんな形をしていたんですね(^-^;

「関八州見晴台入口」の看板については、私も手前で見つけてそこから入りかけました(^-^;
ネットで拾った簡易マップがなかったらあの37度の猛暑の中、山歩きしていたと思います。。。

お疲れ様でした♪


なべちゃんさんへ

ほぼ天気予報通りだったので仕方ありませんでしたが、霧の中の静寂は怖いくらいでした。そして、クルマよりランナーとのすれ違いが多かったのもなべちゃんさんのブログ通りでした。

天文岩は何の変哲もない道端に突然現れるのでビックリしました。何とも形容しがたい形です(笑)

「関八州見晴台入口」の看板にやられました(^^;
息を切らして登った10分間を返して欲しいです(笑)

奥武蔵グリーンライン、次回は晴れの日を狙って再チャレンジしようと思います。
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
32位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: