Z4で行く 東北GT part2 ~鳥海ブルーライン・寒風山~

part1からの続きです。

翌日、新潟から日本海沿いを走るR345→R7→日本海東北自動車道を乗り継ぎ、鳥海ブルーラインまでトレース。笹川流れで少し滞在した後は、日本海を眺めながらひたすら走り続けました。
P9221640.jpg

P9221642.jpg

P9221645.jpg
道の駅にしてはかなり小規模。JRの「駅」と併設されていて、ちょっと変わった施設になっています。

P9221647.jpg

しばらく漁村や風光明媚な日本海の景色を堪能したら、道の駅 鳥海にて小休止。

P9221649(1).jpg
鳥海ブルーラインの山形県側からの入口にやってきました。ここからクネクネ道を登っていきます。

ピークに近づくにつれて九十九折りの連続するカーブがこれでもかとドライバーを試します。折りしも背後からはR33GT-Rの迫撃を受けていたので、初登頂の身としては、太平山荘のある駐車場付近で白旗を揚げて先行させました。

P9221673.jpg
しばらく行くと秋田県側に入り、鉾立山荘の広い駐車場が現われます。すでに多くの車が停まっています。たぶん登山客でしょう。

ここでぶらりと散策しながら山並みを眺めたら、眺望のよい秋田県側の道を下っていきます。

P9221677.jpg
下りの途中の駐車スペースからの眺め。

P9221685.jpg
霞んでいますが日本海が見えてテンションが上がりました。

P9221701(1).jpg

P9221697(1).jpg
個人的には走りを楽しむというよりかは、日本海を遠望できる眺望の素晴らしさがこの鳥海ブルーラインの特長だと思います。

P9221706.jpg
鳥海ブルーラインを後にし、仁賀保高原へノーズを向け、道中のパノラマラインをトレースします。

P9221707(1).jpg

P9221710.jpg
なかなかの眺望です。

P9221712.jpg
仁賀保高原のウィンドファームに到着しました。迫力の大きさに圧倒されます。

P9221715(1).jpg
愛車と共に。巨大風車の轟音もまた迫力さを助長させていました。

寸暇を惜しみ、直ちに秋田へ向けて出発します。

土田牧場を横目に見ながら峠道を下り、由利本荘市をかすめて日本海沿いのR7号をひたすら進み、途中の道の駅岩城で中休止しました。ホタテの串焼きやソフトを食して小腹を満たしたら、男鹿半島の入道崎を目指します。

P9221732.jpg
男鹿半島に入ったら、まずは八望台に立ち寄って雄大な日本海の景色を楽しみました。

P9221722.jpg

P9221723.jpg
展望台からは360度景色を見渡せます。

P9221740.jpg

P9221721(1).jpg
訪れる人もそれほど多くなく、ゆっくりと景色を楽しめてとても素晴らしいところでした!

続いて男鹿半島北端の入道崎へ。ここへと至るK121の走りはなかなか楽しめるものでした。

P9221773.jpg

P9221759.jpg

P9221764.jpg

P9221772.jpg
爽やかな空と日本海、そしてススキのたなびく灯台周辺の景色は訪れる人たちに穏やかな空間を提供してくれます。

P9221774_2015093006593037f.jpg
なまはげの歓迎を受けながら、本日最後のポイント、寒風山へと繰り出します。

P9221780.jpg

P9221778.jpg
K55の寒風山道路より寒風山を眺める。

P9221795.jpg

P9221807.jpg
いやー、この開放感はたまりません!

P9221782.jpg

P9221794(1).jpg

P9221812(1).jpg
寒風山の展望台へと向かう入口の駐車場にて。日本海を遠望できます。

P9221836.jpg
八郎潟を望む。

P9221821.jpg
回転展望台。中に見える色の付いたベンチがくるくる回っていました(笑)
景色は展望台からでなくても楽しめるので、特に建物内には入らず。

P9221817.jpg
八郎潟を背景にススキの草原が強い風に吹かれてザワザワとたなびいていました。

P9221823.jpg
奥に先ほど停めた駐車場、そして手前には寒風山の無料駐車場が見えます。いやはや、この景色は特筆ものですね!

P9221839.jpg

P9221828_201509300729281f0.jpg

P9221829.jpg
周りをさえぎるものは何も無く、ただ目の前に草原が広がるこの道路を走ると、頭を空っぽにして自然の中に溶け込むことが出来るでしょう。

この景色を惜しみながら寒風山を下り、一路宿泊先の能代へ向かいます。

P9221843(1).jpg
途中、八郎潟の超直線道路を快走し、日本一低い山「大潟富士」へ立ち寄りました。

P9221846.jpg
山頂からの眺め(笑)

夕方になり、私が幼少の頃祖父母の住んでいた能代の周辺に立ち寄りました。

P9221853.jpg

P9221855.jpg

DSC00844.jpg

P9221861_2015093007511834b.jpg
無人駅なんですね。

P9221863(1).jpg
30年ほど前とあまり雰囲気が変わっていなかったのが驚きでした。そして、駅前の銭湯にじいちゃんと一緒に入った記憶が蘇りました。

これで2日目は終了。明日に向けて英気を養います。
本日は530kmの走行でした。

ここまでのルート

part3へ続きます。


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 鳥海ブルーライン 寒風山

コメントの投稿

非公開コメント

この日も絶景のオンパレードですね^^
鳥海ブルーラインはけっこうお天気が悪い日が多いという噂を聞いたことがありますが、天候もバッチリですね~

あの上から見えるワインディングがたまりませんね。
こういう草原の場所、例えばビーナスラインや阿蘇山などもみんな焼いて木を無くして
草原だけにしているのでしょうかね??

5026さんへ

おっしゃるとおり雲は若干多めでしたが、それでもしっかりと日本海と眼下に横たわるワインディングロードの舗装が見て取れたので、大満足の鳥海ブルーラインでした(^^)

標高の低いところだと野焼き・山焼きが行われるところもあるんでしょうね。個人的には自然のままの草原がベターだと思いますが・・・
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
36位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: