Z4で行く 東北GT part4 ~竜飛崎・大間崎・尻屋崎~

ようやくシルバーウィークの東北GTブログpart4をアップします。

part3からの続きです。

4時半過ぎに五所川原のホテルを出発、一路竜飛崎を目指します。

P9240006(1).jpg
道の駅十三湖高原から見た朝焼け。美しいなあ。


P9240008(1).jpg

P9240014.jpg
前日に引き続き龍泊ラインを慎重に駆け上がります。

P9240011.jpg

P9240015.jpg
といっても、行き交うクルマは皆無。道端を行進するお猿さんたちの歓待?を受け、しばし静寂のワインディングを噛み締めるように味わいます。

P9240027.jpg
眺瞰台を後にし、ほどなく竜飛崎 道の駅みんまやへ。

P9240026(1).jpg
早朝なので先客は1台のみという、ちょっと寂しげな津軽半島を散策します。

P9240032.jpg
道の駅のちょっと上に行くと、有名な階段国道339号がありますよ。わざわざ案内標識があるとちょっと興ざめですね。

P9240038.jpg
階段は結構急で距離も意外とあるので、毎度息が切れます(^^;

P9240037.jpg
紫陽花が植えられていましたが、さすがにほとんど枯れていました。

P9240043.jpg

P9240070.jpg
灯台に行ってみましょう。

P9240068.jpg
意外と小ぶりな灯台だったです。

P9240048(1).jpg
裏手の道を下ってみると、

P9240050.jpg
素敵な海岸沿いの景色が楽しめます。

P9240091.jpg

P9240084.jpg

P9240088.jpg
見るべきものは見たので、津軽半島を南下して、外ヶ浜にあるフェリー乗り場を目指します。

P9240104.jpg

P9240096(1).jpg

P9240101.jpg
むつ湾フェリー「かもしか」。陸路より数時間早く下北半島に回れるので、時間をお金で買います。1週間くらい前にネットで予約済み。9,810円を支払います。

DSC00852(1).jpg
9時半ごろの出航。

フェリー内では自称68歳のツーリング中のライダーさんが、バイクの話でツアー客と意気投合してかなり盛り上がっていました。(斜め前の席で話が良く聞こえたため) 年配の方でも大型バイクに跨り東北を駆け巡る気力と体力に尊敬してしまいますね。ちなみに、この後大間崎尻屋崎でもちらっとお見かけしました。

DSC00859.jpg
1時間ほどで下北半島の脇野沢に到着!先頭だったので潮水がZ4にかかってしまいました(^^;

ここまでのルート

P9240109.jpg
下北半島の西側の海岸沿い、海峡ラインを大間崎に向かってトレースしていきます。

P9240113.jpg
海峡ラインといっても、大間崎までの半分くらいは山岳ワインディングで、実はその間眺望はほとんど望めません。ただ、レイアウトはかなり魅力的で、走って楽しいこと請け合いです。ただし一部仏ヶ浦付近は狭小路となっているので注意が必要です。

P9240131.jpg

P9240132.jpg
途中、仏ヶ浦の奇岩を見ようと駐車場に立ち寄りました。

P9240134.jpg
しっかりとした遊歩道があったので気軽な気持ちで海岸まで降りていったら、かなりの距離と勾配で、最近のドライブ中に立ち寄った中では最も苦しい景勝地となりました(^^;

P9240152.jpg
なんか凄いのが現われました!

P9240149.jpg
ラスボス感が半端ないです。

P9240137.jpg
どうやったらこんな形になるのか想像もつきません。人智を超えてるなあ。

P9240136.jpg
ギザギザ①。

P9240167.jpg
ギザギザ②。痛そう。

P9240175.jpg
海峡ライン沿いにあった展望台からの風景は、草木が邪魔して見晴らしは全然良くなかったです。面倒でも、海岸まで降りて観賞するべし、ですね。(遊覧船も営業してました)

P9240181.jpg

P9240178.jpg
仏ヶ浦を過ぎた辺りからまた快走路になり、ちょい長めのストレートからのヘアピンがあったり、走りを楽しみながら大間崎を目指します。

P9240187.jpg
途中にあった願掛岩。

P9240188.jpg
中腹に鳥居があって、いかにもご利益がありそうな岩ですね。下に鍵をかける網がありました。別名「鍵かけ岩」とも言われているそうで、縁結びスポットらしいっす。ここは華麗にスルーします(笑)

さあ、とにかく大間崎へ進みます。

P9240191.jpg
着きました(笑) なんだかマンガチックなモニュメントがお出迎え。本州最北端感があまりない(^^;

P9240195.jpg
一応灯台も見えますが、さらに北の大地が見えるとよかったなあ。

P9240196.jpg

P9240193.jpg

P9240190.jpg
意外と観光客も多くて、そこそこ賑わっていました。もう少しうら寂しい感があると好みの場所なんですけどね。

P9240197.jpg
カモメの親子が店の中に入って何か狙っていました(笑)

P9240200_201510201946501f1.jpg

P9240199.jpg
尻屋崎へと導くK266のストレート。とにかく半端ない長さの直線道路で、ところどころスピード超過を防止する為に車線がボトルネックの1車線にされているほどです。個人的には対向車とすれ違えないから逆に危ないと思いますが。

P9240202.jpg

P9240203(1).jpg
交通量の少ない直線をひたすら数km進み、東通村を突っ切り、三菱マテリアルや日鉄鉱業の工場を通過するとほどなく尻屋崎の岬に到着です。

P9240205.jpg
無人の自動開閉ゲートをくぐります。「7:00~16:45まで作動」と書いてあるので、訪れる際はご注意を。

P9240209.jpg
しばらく行くと、本で見た景色がいきなり現われてビックリ!白い車がちょっと残念ですが、まさしく最果ての地といった雰囲気が伝わるでしょうか?奥に白い灯台が見えます。

P9240211.jpg
ガタゴトいいながら砂利道を走ってみました。Z4だとあまり楽しい道ではないですね(^^;

P9240215(1).jpg

P9240268.jpg

P9240231.jpg
灯台も存在感があって頼もしい感じ。

P9240233.jpg
海岸沿いに寒立馬がのんびりと草を食んでいます。

P9240224.jpg
一時は9頭まで激減したそうですが、現在では40頭まで回復したとか。天然記念物。そして、とても大人しいです。

P9240234.jpg

P9240244.jpg
カメラ目線いただきました(^^)

P9240238.jpg
大間崎より「最果ての地」感の雰囲気は上ですね。

P9240250.jpg
この景色がとても気に入ったので、しばらく写真を撮りまくりです。

P9240253.jpg

P9240252.jpg

P9240265.jpg

P9240256.jpg
いやー、素晴らしいところです!

津軽半島も龍泊ラインといった魅力的なルートがありますが、下北半島も負けじと海峡ラインから大間崎、尻屋崎までのルートは、ワインディング有り長大なストレート有りと、変化に富んで飽きさせないドライバーズルートでした。そして締めの尻屋崎の景色は雰囲気満点で、下北半島に来たら必ず立ち寄りたい場所です。

次回最終回、part5に続きます。

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 竜飛崎 大間崎 尻屋崎

コメントの投稿

非公開コメント

「最果ての地」の雰囲気、私も個人的には好きですね。
太平洋岸とは違い、雲が出ていたほうが荒々しい波が打ち付ける日本海岸の「らしさ」?が際立つ感じがします。
尻屋埼灯台は何とも言えぬ力強さを感じます。荘厳な雰囲気さえ漂っていますね。

東北GT、次回がラストなんですね。
壮大なGTの最後を飾るに相応しい絶景レポを期待せずにはいられません!w

いやぁ~、素晴らしい本州北端のツーリング紀行!
こういう画像を拝見する度に、焦燥感にかられちゃうんですよねぇ(^_^;)

うーん、自分もまた行きたくなってきました!!

なべちゃんさんへ

尻屋崎は、ちょうど曇っていたせいもあるのか、寂しさもあり、荘厳な雰囲気もあり、下北半島の端っこに来たことを実感できる素晴らしい場所でした。

長かった東北GTも次回の八幡平で終わりを迎えますが、絶景レポはほどほどの期待に留めておいてください(笑)
でも、八幡平アスピーテラインからの眺めはまさしく絶景だったので、少しでも伝わるように頑張ります!

tomoさんへ

焦燥感、分かります。景色は逃げないけど行ける時間は限られているので、「早く行かなきゃ!」と思うときがありますね。

私も東北がとても好きになったので、また来年新たな道で辿ってみたいです!
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M10 MarkⅡ、E-M5

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
471位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
21位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: