Z4で行く 奥只見 樹海ライン・シルバーライン・六十里越 紅葉ドライブ

PA241560(1).jpg
昨年と同じ時期に奥只見 樹海ラインの紅葉ドライブに出かけてきました。天気予報は曇りで、色づきのピークも過ぎているという事前情報もありましたが、それでもやっぱり来て良かったと思わせる感動的な風景がそこには待っていました。

PA241477.jpg
早朝はまだこれからの天気が読めない薄曇りの様相。

PA241474(1).jpg
ただ降水確率が0%だったので、迷わずオープンに。気温は約10℃ですが思ったよりは冷え込まず、終日快適なオープンエアモータリングを満喫しました。

PA241490.jpg
はたして見ごろは終わってしまったのか?不安と期待を胸に抱きつつ、樹海ライン序盤の狭小S字区間を駆け抜けて行きます。

PA241498.jpg

PA241499.jpg

PA241569.jpg
枝折峠から少し下ったところにあるスペースにて。昨年ここに来て感動した景色。また霧の海に出会えました。

PA241544.jpg
幻想的な風景にしばし見とれていました。

PA241572(1).jpg
Z4入りで撮影。

PA241523.jpg
ジムカーナのような忙しいハンドルさばきでロングノーズのZ4はゆっくりと向きを変えながらタイトなルートを攻略していきます。

PA241524.jpg

PA241537.jpg
赤いスノーシェッドと紅葉のコラボ。

PA241541.jpg
狭い道なんですが、不思議と圧迫感も無く、苦痛に感じることなく楽しく走ることが出来る樹海ライン

PA241558(1).jpg
昨年ほどの燃えるような赤ではないですが、それでも十分満足できる見事な紅葉が目を楽しませてくれました。

PA241579.jpg
早朝にもかかわらず、三脚+一眼レフのカメラマンも結構居ました。

PA241598.jpg

PA241597.jpg
銀山平まで降りると霧が濃くなってきました。そのまま樹海ラインへは進まず、いったんシルバーラインへ。

PA241603_20151025082310868.jpg
トンネルの入口を右折します。

PA241608(1).jpg
オレンジ色の照明が素掘りのトンネルを美しく照らします。路面はデコボコなのでゆっくりと走行しましょう。

PA241609.jpg
奥只見ダムにて。

PA241629.jpg
紅葉が綺麗でした。

再び銀山平に戻り、樹海ラインを進むもなかなか霧が晴れないのでしばらく時間調整することにします。

PA241646(1).jpg
40分ほど霧が晴れるのを待っていたら、思いがけずMr.REDさんの赤いM235i クーペがやってきました!
昨年同様、ほぼ同じ場所での出会いに思わず感動です(笑)

PA241647.jpg
真紅のM、コンパクトなボディながらただならぬオーラを纏っています。

しばしお話しをしながら待っていましたが、なかなか霧は晴れず。しびれを切らして進みます(笑)

PA241680(1).jpg
とにかくこの時期は景色が素晴らしいので何度も(数十回)停まっては撮影の繰り返しでなかなか前に進みません。

PA241656.jpg

PA241662.jpg
徐々に霧が晴れてきました。

PA241660.jpg
ところどころ真っ赤な紅葉を見ることができました。

PA241681.jpg
秘境で狭小ということもあり、銀山平以降のルートは極端に交通量が少なくなります。それだけに撮影も自由にできてしまいます。

PA241721(1).jpg
すっかり晴れました。ポカポカ陽気でオープン走行が最高に気持ち良い♪

PA241718.jpg
洗い越しに落葉が積もっています。

PA241708.jpg
色調を少し派手目に。

PA240035.jpg

PA240027.jpg

PA240019.jpg

PA240047.jpg
「雨池橋」で撮影している人たちが居たので、私もお邪魔します。

PA240052_20151025090909533.jpg
流木が川を堰き止めています。

PA240055.jpg
似たような写真が多いですが、これでもほとんど違う場所で選ぶのも一苦労です(^^;

PA240093.jpg

PA240089.jpg

PA240078(1).jpg

PA240083(1).jpg
何度か抜きつ抜かれつで撮影は更に続きます。

PA240096.jpg

PA240144.jpg
草木越しにトレースしてきた崖沿いの道を眺める。まさに秘境ロード!

PA240140.jpg
崖沿いの紅葉に圧倒されます。

PA240128(1).jpg

PA240117(1).jpg
この2ショットは画になります。(自画自賛)

PA240151.jpg
3ケタ国道はやはり酷道が多いのでしょうか?

PA240148(1).jpg
ススキの回廊に爽やかな秋風が通り過ぎました。

PA240169.jpg
登山口と駐車場のある鷹の巣にてトイレ休憩。

PA240170(1).jpg
綺麗な紅葉ですが、落葉も進んでいます。

PA240178.jpg
こちらはすっかり落葉していますね。

PA240181.jpg

PA240179(1).jpg
この区間はかなり狭くて、離合ポイント以外ではすれ違いできません。
でも雰囲気がすごく良いところで、個人的に好きなポイントです。

PA240185.jpg
檜枝岐村に入ります。

PA240195.jpg
昨年通り過ぎてしまった屏風岩。今年も危うく通り過ぎるところでしたが、なんとか駐車場を見つけて立ち寄ります。

PA240201.jpg
川岸の紅葉が見事です。

PA240207.jpg
こじんまりとしていますが、岩の造形美と紅葉がとてもマッチして、見ごたえのある風景を作り出しています。

PA240214.jpg

PA240212.jpg
風が吹くと落ち葉が川面にサーッと舞い降りてきて、それが水流に乗って踊るように下流へと流れていくのも、見ていて飽きませんでした。

途中で高速道路のガソリンスタンド並みの料金で給油した後は、集落沿いの交通量皆無のK351を田子倉方面に向けてトレース。途中で絵になる一本の木があったのですが、思わずスルーしてしまい、少し後悔しつつ只見ダムに到着。

PA240218.jpg

PA240220.jpg

PA240241.jpg
本に載っていた写真と同じ構図で撮りたいと思っていた場所を見つけて満足な画像です。ここから六十里越が始まると予感させるクネクネ道が見下ろせます。

PA240251.jpg

PA240253.jpg
田子倉レークビューで6個入り300円の良心価格の焼きたてのたこ焼きをおいしくいただき(時間がかかったお詫びにおまけでから揚げ1個もらいました)、こちらも秘境感と走りも楽しめる六十里越を魚沼市に向けて走破します。

PA240245.jpg

PA240259.jpg
無人信号機の工事区間をいくつか攻略し、こちらの駐車場に初めて立ち寄ってみました。

PA240257(1).jpg
只見線の線路が目の前に通っています。

PA240263.jpg

PA240273.jpg
いつかこんな山奥の中を通るローカル線に乗って、のんびり景色を楽しむ旅をしてみたいなあ。

PA240276.jpg
スノーシェッド内でなにやらカメラマンたちが三脚と共に待機しています。

PA240282.jpg

PA240285.jpg
なるほど、この画像はこの場所が撮影ポイントなんですね。人が居なければそのままスルーしてしまうところです。

PA240302(1).jpg
記念碑手前に真新しい駐車スペースが出来ていました。たしかに記念碑前はスペースが狭小で、あぶれたクルマが路駐になってしまって危険でしたからね。

PA240297.jpg
田子倉湖を望む。

PA240305.jpg

PA240304.jpg
長大なスノーシェッドが、この場所が冬は比類なき豪雪地帯であるということを物語っています。

今回は道の駅いりひろせには立ち寄らず、まっすぐ小出ICから関越に乗り、帰宅の途へ。
何度も仮眠しつつ渋滞に少しはまりながら、気がつけば昨年とほぼ同じ約19時間の所用時間をかけて無事紅葉ドライブを終えることが出来ました。

あらてめて素晴らしい紅葉と秘境感たっぷりのルートに、また次回訪れようと心に決めた奥只見樹海ラインでした♪

そしてビール片手に眠気はMAXで早々とベッドに倒れこむのでした・・・

所要時間:約19時間
走行距離:約720km

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 奥只見 樹海ライン

コメントの投稿

非公開コメント

またもや素晴らしい紅葉でしたね^^
しかも今回はMr.REDさんとの再びの出会いもありましたようで~
年一の行事になりそうですか?(笑)

樹海ライン、最初の狭小区間とやらは結構大変な感じですか??
見た所センターラインが無い個所がちらほら見えたので・・・
でもこの景色は感動ですね^^
確かに走っては停まって、また走っては停まっての繰り返しもうなずけます^^

田子倉湖も綺麗ですねぇ・・・

5026さんへ

Mr.REDさんとの再会も含めて、素晴らしい紅葉ドライブになりました。相変わらず睡魔との闘いでしたが(^^;

序盤の狭小区間は1.5車線に満たないすれ違い出来ないほど狭いですが、離合ポイントが頻繁にあるのでさほど心配ないと思います。早朝だと対向車も皆無です。枝折峠以降は基本的に1.5車線以上あるので、すれ違いは問題ないかと。

「秘境」という言葉がぴったりな景色が続くので、撮影しないともったいないという使命感で忙しく乗り降りを繰り返してしまう罪なルートです(笑)

六十里越もスリリングな景色が続くナイスドライブルートです♪

おぉ~っ!
Tamonさんも奥只見でしたか!実は私もなんですw
自宅を5時頃出発し、奥只見湖に着いたのが9時半頃。
Tamonさんはもっと早い到着だったようですね。

Tamonさんの写真はどれも素敵ですね(^^♪
私は初めての奥只見でしたが、本当に素晴らしい光景でした。
樹海ラインでは、走っては止まり撮影、走っては止まり撮影の繰り返しでした。
全然前に進みませんw

私は17時間半のドライブでした。
来年はお会いで出来ればと思います(^^)/
(もっと早起きしなくては。。。)

なべちゃんさんへ

何となく来られるんじゃないかと予想していましたが、やはり行かれていたんですね!実はなべちゃんさんのスカイライン、来ていないかな~と気にかけていました(笑)私はほぼ夜明けと同時に樹海ラインに入線しました。

私は2回目ですが、奥只見の紅葉は素晴らしいですよね。景色を撮影しないで通り過ぎるドライバーは皆無といっていいほど、皆さんカメラ片手に車を停めて撮影していますね。本当にここは誰もが前に進みません(笑)

来年は現地でお会いできるといいですね!紅葉ドライブのブログも楽しみにしています(^^)/

いつもながらのロングドライブお疲れ様です。720kmは私の中では日帰りドライブの限界を超えています。(^^;
それにしても朝日が照らす霧の海、幻想的で素敵ですね~。
紅葉も綺麗で、クルマを何度も停めてしまうのも頷けます!

福島~新潟あたりはすっかり紅葉して、そろそろ見頃を終えるのですね。。。
ちょっと焦ってきました。(笑)

hisadoiさんへ

日帰りドライブの限界、確かに超えていますね(^^; そろそろゆったりとしたスケジュールでドライブしなくては・・・

ちょうど夜明け直後だったので良い光景に出会えました。紅葉は山全体が色づいているので本当に圧巻でしたよ!

今年は見ごろが昨年より早いみたいです。こればっかりは仕方ないですね~。関東近郊だと丹沢湖などは11月中旬に見ごろを迎えそうなので、行ってみようかなと思ってます。
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
26位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: