Z4で行く 東北GT 最終章 ~八幡平アスピーテライン、濃霧の磐梯吾妻スカイライン~

シルバーウィークに訪れた東北GTもようやく最終回を迎えます。最終章まで1ヶ月以上時間を費やしてしまい、完全に旬を過ぎてしまいましたがよろしければご覧ください。

P9250340(1)_201511061450302cb.jpg




P9250278(1).jpg
今回は念願の八幡平アスピーテラインを走破。岩手と秋田を結ぶ東北屈指の絶景山岳ロードを早朝の岩手県側から入線しました。

P9250282(1).jpg

P9250284.jpg
すでに黄色く色付いていて、さすが東北の紅葉の始まりは早いんだな~と実感。

P9250297.jpg
早朝は曇っていましたが、麓に雲が立ち込めた岩手山の山容は幻想的でした。

P9250299.jpg
木の柱に「八幡平アスピーテライン」と彫られていますが、経年で判別が困難に。

P9250308(1).jpg
これは源太岩ですね。

P9250313(1).jpg
岩手県側の路面はそこそこ荒れていますが、なんとか我慢できるレベル。

P9250317(1).jpg

P9250324(1).jpg
天気予報では雨模様でしたが、なんとか持ちこたえてくれたのでラッキーでした。

P9250326(1).jpg
左手奥に見返峠の駐車場が見えます。

P9250335(1).jpg
見返峠手前の無料駐車場にて。ハイカーと思われるクルマが数台停まっていました。

P9250337(1).jpg
廃墟がなんとも画になりますね。

P9250340(1).jpg
空に伸びていく緩やかな道が、これからの絶景を予感させてワクワクさせてくれます。

P9250350(1).jpg
峠の頂上付近から開けた景色を眺めることができます。この周辺が最も景観が楽しめるのではないでしょうか。

P9250342(1).jpg
志賀草津の絶景と良い勝負の開放的な景色に乾杯!

P9250359(1).jpg

P9250366(1).jpg

P9250371(1).jpg
比較的広めの展望所がいくつかあるので、そのたびに停めてこの景色を満喫します。

オープンにして秋田県側に下っていくと、硫黄の匂いがツーンと鼻についてきました。

P9250379(1).jpg

P9250376.jpg
ふけの湯温泉を眺める。

P9250382.jpg

P9250384.jpg
大沼を観賞して、秋田県側の終点でUターンし、再びアスピーテラインを岩手県側に向かって駆け上がっていきます。

P9250380.jpg

P9250392(1).jpg
先ほど停めた場所。幸運にも晴れ間が覗いてきました。

P9250391(1).jpg
青空があると気持ちが良くなるから不思議です。

P9250399(1).jpg

P9250393(1).jpg

P9250405.jpg
見返峠からちょっと下った所から。やあ、とても爽やかな風景!お気に入りの一枚です。

P9250406.jpg
黄色と青空のコントラストってこんなに綺麗なんだな~。

P9250410(1).jpg

P9250414(1).jpg
岩手山手前の草原もカラフルに色付いていて、まるで絵のように美しいです。

P9250420(1).jpg

P9250415.jpg




P9250423(1).jpg
続いて樹海ラインに入線。

P9250430(1).jpg

P9250431(1).jpg
ここは望外に良かった!中高速コーナーとアップダウンの連続する、西伊豆スカイラインにもひけをとらないドライビングプレジャー度指数最高の快速ワインディングロードでした。

P9250434.jpg
たまたまだったのか分かりませんが、交通量皆無のなか、マイペースで存分に走りを楽しみました

P9250436(1).jpg

P9250439.jpg
今まで「樹海ライン」と名のつくところは外れがないです。(偶然でしょうね)

P9250443(1).jpg

P9250444(1).jpg
見返峠のアスピーテラインとの接続付近にて。
眺望はアスピーテラインに一歩及びませんが、それでも開けた景色は期待できるし、岩手山もしっかり見ることが出来ます。そして、走りを楽しむという点では明らかにこちらのほうが上回っています。

P9250445.jpg

P9250447.jpg
クネクネ道を見下ろす。

P9250448(1).jpg
ドライブの醍醐味がギュッと詰まった八幡平アスピーテライン&樹海ラインでした!




P9250455(1).jpg
舞台は飛んで、小雨降りしきる道の駅 区界高原と、

P9250456.jpg

P9250459.jpg

P9250457.jpg
やまびこ産直館に立ち寄り、

P9250461_2015110707523748e.jpg

P9250463.jpg
いわゆる八戸川内大規模林道(緑資源幹線林道 八戸・川内線 穴沢・上外山区間)へと入線。

P9250464.jpg
やまびこ産直館を過ぎてすぐの脇道に入り、小さな橋を渡って集落の中を通ります。

P9250469.jpg
ほどなく民家の家並みが途絶えると、本格的なワインディングロードへと変貌します。ご覧の通り残念ながら曇ってしまい眺望を楽しむことは出来ませんでしたが、噂にたがわぬ贅沢な高規格林道。

P9250470.jpg
山の駅 峠の茶屋 楓 は営業していませんでした。まあ、とても採算が取れるとは思えませんね(^^;

P9250471.jpg
趣は完全に山岳ワインディングロードで、数台のみしかすれ違わない貸し切り状態で思う存分快走できます。画像の真ん中にはカメラマンが写っていますね。晴れていればここからダイナミックな景観が見られていたのかもしれません。




P9250474.jpg
ほどなくにT字路にぶつかり左折していくと、小学校や集落を通る県道171号を走るのですが、徐々にこの道が「険道」となっていくのにそれほど時間はかかりませんでした。

集落内で地元の業者と思しき軽バンを後ろに従えながら、すれ違い不可な細い道をひたすら進んでいきます。

集落を過ぎると、神奈川県の裏ヤビツを連想させる薄暗い見通しの悪い林間道が延々と続きます。後ろの軽バンとは付かず離れずの駆け引きでステアリングを忙しく右に左にと操作していきます。

この駆け引きに少々疲れたので、離合スペースを見つけて軽バンを前に行かせます。すると水を得た魚のようにスイスイと軽バンは低速ブラインドコーナーをクリアしていきます。こういう地元スペシャリストを前に行かせて付いていくと、見知らぬ狭小路を走る上で疲労感がグンと軽減されますね

P9250487.jpg

P9250475(1).jpg
軽バンは途中の施設に停まり、長い長いバトル?を終えた後は、ようやく画像のような広い道路へと様相が変化します。スリリングな展開を終えた後のほっと一息つける一瞬でした。

P9250483.jpg
そんな雰囲気は感じませんでしたが、近くに牧場があるみたいです。

P9250490.jpg
昭和51年とはなかなか年季の入った看板(?)です。




北上市で一晩泊まった翌日、荒川高原道路に行く予定でしたが、早朝から結構な雨量があったので、そのまま東北道で帰宅の途に着くことにしました。が、なんとなく物足りなかったので、ふらふらっと磐梯吾妻スカイラインへ立ち寄ってみることに。

P9260497.jpg

P9260504(1).jpg
案の定、濃い霧に包まれて景色どころか走行にも気を使い、あの絶景を見ることは叶いませんでした。

P9260511(1).jpg
それでもこちらも一足早い紅葉を一部楽しむことができました。

P9260516(1).jpg

P9260518(1).jpg

P9260525(1).jpg
レークラインでは束の間の晴れ間のオープンを堪能。

P9260528(1).jpg

P9260537(1).jpg

P9260551(1).jpg
レークラインの涼風峠にて。

P9260557(1).jpg

P9260558.jpg
西吾妻スカイバレーも完全に濃霧で、最徐行を強いられ泣く泣くこの場を後にします。

P9260569.jpg

P9260570.jpg
山形のR121号を南下し、道の駅田沢で小休止。
喜多方を経由して今GT3回目のコイン洗車機で汚れを洗い流したら、磐越道に乗って今度こそ帰宅の途に着きました。

DSC00861(1).jpg
おまけ画像。とある東北道のPAにて。走っているのも見ましたが、えーと、カブですよね?




初の5泊6日東北グランドツーリングを無事終えることが出来ました。

記憶に残る景色や快走路が目白押しの北東北に、心底惚れました。
資金的になかなか頻繁に行くことはできませんが、また来年新たな魅力を求めて東北GTを計画したいと思います。

それでは最後までご覧いただきお疲れ様でした。

総走行距離:約3,700km
総給油量:約244L

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 八幡平アスピーテライン

コメントの投稿

非公開コメント

最高です!

東北ツーリングレポ、最後まで楽しませて頂きました!

岩手のワインディングはサイコーですよね!(^^)!
自分の中では、樹海ラインがワインディングベストかな?
春と夏に走ったけど、ホントに飽きません。

3700km、お疲れ様でした(^^)/

お疲れ様でした(^^)

東北GT完結ですね!ホントお疲れさまでした(^^)
走行距離も相当なものですが給油量もすごいですね。。。

岩手にも樹海ラインがあるんですね。
西伊豆スカイラインにも匹敵とは・・・かなりの良道なのですね。

>「樹海ライン」と名のつくところは外れがないです。
確かに面白いですね(笑

東北or関西方面のいずれかは今年中に走りに行きたいと思っているのですが、
ネット等で調べれば調べるほど立ち寄りスポットが多くなり、先日の福島紅葉ドライブの二の舞になりそうで心配です。。。
参考までに、Tamonさんはどのように計画を立ててGTを実行するのでしょうか???

tomoさんへ

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてお疲れ様でした!

私も八幡平の樹海ラインが最高だと思います。たまたま晴れ間ものぞいていたので快走できました♪
春と夏もオープンで走ったら最高に気持ち良いでしょうね~(^^) もうすでに来年走る気マンマンです!

なべちゃんさんへ

1日に2回満タンにするときもあったりと、やっぱり凄い量を入れたんだなあとつくづく感じますね(^^;

十和田といい、奥只見といい、樹海ラインは交通量も皆無なのがお気に入りのポイントですね。
八幡平のはまた走りたくなるくらいのプレジャーロードでした!

今回のGTの計画ですが、Googleマップで目的地ごとに移動時間を出してワードに↓みたいにメモしました。

八幡平アスピーテライン
↓(4時間10分)
八戸川内大規模林道(道の駅やまびこ産直館スタート)
↓(3時間)
北上(宿泊)

あとは適当に回れそうな所を見繕って、ざっと1日の走行可能総時間を算出しました。ただ、日帰りドライブでは特にしませんね。基本、ナビ任せです。
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
31位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: