Z4で行く 冬の房総半島ドライブ 後編

前編からの続きです。

DSC01157(1).jpg
鋸山登山自動車道の料金所にやって来ました。
前払いで往復+頂上の駐車料金込みで1,000円を支払います。料金受付所が左側にあるので、おじさんがわざわざ運転席側まで出てきてくれました(笑)ちなみに、2輪車と徒歩による通行は禁止となっています。

nokogiriyamakankoudouro.jpg
実は鋸山へは他にいくつかルートがあって、山頂まで有料(900円)のロープウェイで行く方法と、無料の鋸山観光自動車道を使う方法があるようです。ただし、「地獄のぞき」までは結構な階段を登っていかなくてはならないそうですが・・・

DSC01159.jpg
比較的小規模な観光道路らしく路面は荒れていて、お世辞にも楽しい山道ではありませんが、料金所付近に唯一ある隧道がちょっと不思議な雰囲気を醸し出していました。

PC270104(1).jpg
そして上り勾配のキツイつづら折りをゆっくり登っていくと、景色の開けたポイントを発見したので小休止。

PC270106(1).jpg
おお、

PC270096(1).jpg
眼下に見える砂浜は元名海水浴場でしょうか?保田(ほた)の街並みとキラキラ光る海の美しさに見とれてしまいます(^^)

PC270118(1).jpg

PC270110(1).jpg
これで既に1,000円の元は取れたかも?(セコイw)

DSC01161(1).jpg
駐車場から歩いてすぐのところに「拝観料」を徴収する受付所があるので、600円を支払います。(画像の右手側)

DSC01166.jpg
結構急な石階段を登っていきますよ。といっても10分足らずで頂上には着きます。そして靴はお決まりのスニーカーがベストです。

そして、あの有名なたまひゅんポイントを激写!

PC270130(1).jpg
あえて下の景色を入れないで撮りました。高所感が半端無いので(笑)

PC270120(1).jpg
といいつつ、こんな感じになっております。

PC270152.jpg
一応「地獄のぞき」をしようと登りましたが、あまりの人の多さに断念。いや、怖かったからではないですよ(^^;

PC270143(1).jpg
漁港と三浦半島を望む。絶景かな!

PC270129(1).jpg

PC270139(1).jpg
綺麗な弧を描く富津館山道路も眼下に眺めることができます。素晴らしい景色に満足です♪

実はこれで満足してしまったからか、日本一の大きさを誇る大仏様を見忘れてしまいました(^^; まあ、次の機会にでも。

DSC01172(1).jpg
続いて、長閑な快走路の県道88号を気持ち良くトレースし、道の駅三芳村を経由して、本日第二の目的地、広域農道の快走路「安房グリーンライン」を目指します。

DSC01177(1).jpg

DSC01178(1).jpg
休日の晴れた午後、田園の中をのんびりとオープンで走る。幸せを感じる瞬間です(^^)

PC270159(1).jpg
昨年ロードスターでも訪れた空き地にて。この辺りは林間の中を走る高速ワインディング区間です。スピードの出し過ぎに気をつけましょう。(過去の情報ではここでネズミ取りが行われていたようです)

PC270163(1).jpg

PC270176(1).jpg
こんな感じの道路で、路面はすこぶる良好です。

PC270175(1).jpg
房総半島の中でも数少ない素晴らしい道ですよ。

PC270177(1).jpg

PC270181(1).jpg
信号の少ない安房グリーンラインを走破すると、野島崎灯台が見えてきました。今回はスルーして先に進みます。何せ夕方近くになるとアクアラインの大渋滞に嵌ってしまうので・・・

PC270185(1).jpg

PC270182(1).jpg
半島付け根の西側をなぞるように房総フラワーラインを駆け抜け、

PC270194(1).jpg
洲崎灯台(すのさきとうだい)の入口にやって来ました。公共の無料駐車場は2台+1台しか停められません。

PC270195.jpg
満車の時は、少し先にある有料駐車場(200円を料金箱に入れる)がいくつかあるので、ここを利用するとよいでしょう。

PC270197.jpg
ほんの数分で気軽に灯台に行けます。

PC270204(1).jpg
小ぶりですが結構画になる灯台でした。

PC270219(1).jpg
展望台もあります。

PC270215.jpg
ぬおっ、こんなマイナーなところにも侵食してきているのか!(^^;

PC270205(1).jpg
三方を見渡せ、空気がクリアなら富士山や足柄山などが眺望できるようですよ。

さて、後はゆっくり南房の海沿いを走っていきます。

PC270188.jpg

PC270190(1).jpg

PC270232(1).jpg
やっぱり海沿いの景色はいいですね~。

PC270237(1).jpg
海岸をバックに。実はこの前に某軽オープンカーが停まっていて、画角に苦しみました(^^;

PC270249(1).jpg

PC270252(1).jpg
いつもの見物海岸にて。

PC270255(1).jpg
低く立ちこめたグレーの雲間から覗く青空と、紺色の海の色が冬らしい景色を演出しています。

内房なぎさラインをトレースし、富津館山道路、館山自動車道、アクアラインで帰宅の途に着きます

PC270271(1).jpg
海ほたるでちょうど綺麗な夕陽を堪能♪ でも、風が強くてめちゃくちゃ寒かったです(>_<)

PC270290(1).jpg
手前の東京方面のアクアトンネルにクルマが次々と吸い込まれていきます。

PC270280(1).jpg
わー、最後に良いものが見れました!

トンネル内で若干流れは悪かったものの、ほぼノーストレスで無事帰宅。
前半は国道410号探索、後半は鋸山観光とグリーンライン、フラワーライン快走と、1日で2つの趣向の異なるドライブを楽しめました♪

ここまでのルート

走行距離:約290km
所要時間:約9時間


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 鋸山 安房グリーンライン 房総フラワーライン

コメントの投稿

非公開コメント

房総ドライブお疲れ様でした^^

私も千葉方面に行きたいと常々思っているのですが、どうも近くに伊豆半島があるせいで
いつも「伊豆で良いかぁ^^;」となってしまい行けてません(汗)

鋸山にも行きたいですし、見物海岸にも行ってみたいですし
アクアラインにも行ってみたいですし^^
鋸山の地獄覗き、たまひゅんも半端なさそうですね(笑)
私の場合、本当に腰を抜かすというか足が震えてきてしまうので近づけないかもです・・・^^;

5026さんへ

伊豆はあまりにも魅力的なので、近ければそちらに行くのはしょうがないです。
でも房総半島も案外見どころはありますよ(^^)

鋸山は有料道路が意外と眺望が良く、見物海岸は穏やかな波に癒されますし、アクアラインは渋滞さえなければ、海の上を飛んでいるような気分を味わえます♪

地獄のぞきは手すりの先まで行けませんでした(^^;
手すりがあるから安心と言ったひとがいましたが、下に向かって行くあの角度はさすがにヤバイです・・・

鋸山へは行きたいとおもっているのですが、写真からも伝わってくる恐怖感。。。
高所恐怖症というわけではないですが、先端に立ったら全身に鳥肌が立ちそうです(^-^;

房総半島から望む三浦半島は良いですよね!
あらためてその近さを感じることができます。

安房グリーンライン、広域農道ならではの交通量の少なさが魅力ですね。
路面状態も良いのであれば是非走破してみたいと思います!

アクアラインからの夕景、とっても綺麗ですね(*´▽`*)
やっぱ房総半島も良いなぁ~。。。

最後の画像、本っ当に素敵な画像ですね!

房総は、伊豆と並んで、冬季に走れる数少ない楽しい道が多いところですね。
年末はバタついていたので、年明けには走りに行きたいと思ってます (^_^;)

なべちゃんさんへ

地獄のぞきは近づいただけでなんともいえないゾワッとした感覚になります(^^;

三浦半島とは数km先なので近いですよね。房総半島と結ぶフェリーに乗って半島のはしごドライブをしてみるのも面白いかもしれません。

安房グリーンラインは日中でも交通量が少ないので、マイペースで気持ち良く走れます。路面も過剰なほど綺麗なので、是非走ってみてください。

アクアラインを走っている途中から陽が沈み始め、海ほたるPAでちょうどドンピシャのタイミングで最高の夕景になりラッキーでした(^^)

房総半島は意外と奥が深いので、またちょくちょく訪れたい場所です。

tomoさんへ

ありがとうございます!最高の夕景でした(^^)

海岸沿いや広域農道の快走路有り、内陸部の険道有りと、魅力的でバラエティに富んだ道が多いですね。自宅からもアクアライン一本でアクセスが良いので、冬季は何度か訪れることになりそうです。

落ち着いたら是非オープンで快走してくださいね!
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
626位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
26位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: