Z4で行く GW四国グランドツーリング 3日目

2日目からの続きです。

P5020088(1).jpg
四国といえば真っ先に思い浮かぶのが清流「四万十川」です。その四万十川沿いを走る国道381号と441号を隈なく走り倒しました。
目的はもちろん「沈下橋」巡りです。

P5021587.jpg
国道441号を南下していくと四万十川沿いを走る快走路になります。この流域には支流も含めて47の沈下橋があるそうです。
今回は5つの沈下橋を巡ってみることにしました。

P5021588.jpg
早朝、靄がかかって「今日はだめかな」と諦めかけましたが、徐々に晴れてきて、暑いくらいの日差しが降り注いで来ました。

DSC02093.jpg
道すがら見つけた古ぼけた「おにぎり」。今まで見た中でも最も古いものですね。マニア垂涎?

P5021598(1).jpg
初めに訪れたのが岩間沈下橋。砂利敷きながらしっかりと駐車場が完備されています。

P5021595.jpg
穏やかな四万十川の流れ。

P5021591.jpg
そこに架かる欄干の無い沈下橋。地域にっては沈み橋や潜り橋、潜水橋と呼ばれるそうです。

P5021593(1).jpg

P5021596(1).jpg

P5021594(1).jpg
早朝にもかかわらず訪れる人は意外と多い岩間沈下橋。といってもそれほど混雑することもなく、落ち着いて観賞できる静かな場所でした。Z4で渡ろうかとも思いましたが、人の往来を考えてここではスルーすることにします。

P5020009.jpg
続いてやってきたのは同じ国道441号沿いの勝間沈下橋。

P5020006.jpg
こちらは駐車場も無い為、ほとんど訪れる人も居ませんでした。

P5020007.jpg
ということで交通量はほとんど無し。ここで意を決して愛車で渡ってみることに!

P5020015.jpg
意外と幅の広い路面だったので特に落ちそうになることも無く、無事渡れました。
運悪く?後ろから車が来てしまったので、素早く撮影を済ませダッシュでZ4に戻ってUターンしました。

P5020018(1).jpg
次は高瀬沈下橋。こちらには小さいながらも駐車スペースがあり、道行く車がここを見つけては立ち寄るといった感じの場所です。
ちなみにこの沈下橋では橋上での停車は遠慮くださいと注意書きがありました。

P5020020.jpg

P5020044.jpg
いや~、風情がありますね。

P5020026.jpg
橋の上で撮影していると、時々地域の住民の軽トラや自転車の往来があります。まさしくライフラインなので、あまり長居は禁物ですね。

P5020036.jpg
増水時に流されにくいようにシンプルな構造。万が一流されても修繕が比較的容易というメリットもあるようです。もちろん沈んでしまったら渡れないという代償もありますが。

P5020058.jpg
そろそろ同じような画像ばかりで飽きてきたと思いますが、あと2つで終わります(笑)

P5020056(1).jpg
4つ目は一番大きい駐車場があった、佐田沈下橋。

P5020060.jpg
残念ながら使い古された路面は真新しくアスファルト舗装されていました。住民の方にとってはこちらのほうがありがたいに決まっていますが、観光客目線で言うとイマイチな景観です(^^;

P5020067.jpg
とはいえ、穏やかに流れる水が綺麗でした♪

P5020072.jpg

P5020082.jpg
おつかれさまでした。これが今回訪れた最後の沈下橋、三里沈下橋です。道のりは最も狭路でしたが、今回一番のお気に入りです。

P5020075.jpg
業者のトラックが平然と渡って行きました。

P5020090(1).jpg
タイミングを見計らって速攻で撮影!

P5020088(1)_20160511214002f0a.jpg
ここでも普段見せないような素早い動きで、撮影→移動しました(^^;

さて、これから南下して足摺岬を目指します。

P5020102(1).jpg
海沿いが心地良い足摺サニーロードを快走! 国道321号なのでサニーなんですね!?

P5020112.jpg

P5020095(1).jpg

P5020117.jpg

P5020111(1).jpg
途中の叶崎岬に立ち寄りました。

P5020120.jpg
みんな同じ格好で、ぐだーってなってます(笑)

P5020138.jpg
なかなかの景観。

P5020136.jpg
灯台もあります。

P5020144.jpg
わらわらと(笑)

P5020157.jpg
そして本日最後のドライビングコース、土佐浜街道から海沿いに分岐する県道47号、横浪黒潮ラインへとスイッチ。

P5020150(1).jpg

P5020158.jpg
海沿いだからもっと海岸線を走るかと思いきや、意外と高所を走り抜けるスカイライン。眺望は展望台のあるところからがオススメ。

DSC02134.jpg
宿泊先へ向かう途中で路面電車が走っていました。九州でも同じような光景を見たことがありましたが、ここはかなり長い距離道路と平行して走っていました。

P5020173.jpg
道路が突き刺さっている!?実はこの正体は垂直跳ね上げ式の手結港(ていこう)の可動橋なのです。近くに「道の駅やす」があるのでそこを目指すと分かりやすいです。

P5020179(1).jpg
一日に通れる時間より橋が跳ね上がっている時間のほうが長い可動橋。私が訪れたときは渡れませんでした。
貴重な光景ですね。

というわけで、今回も行きたいところは隈なく回り、最後に珍しいものも見れて、満足な沈下橋めぐりとなりました♪

走行距離:約412km
所要時間:約13時間

4日目に続きます。

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 四万十川 沈下橋 足摺岬 横浪黒潮ライン 手結港可動橋

コメントの投稿

非公開コメント

沈下橋、まさに四万十に来なければ味わえない風景の一つですよね。
沈下橋とZ4のお写真が羨ましい限りです!カッコいいです^^
しかし後続車が来てしまった時はさぞ大変だったかと思われます^^;

幅の狭い橋は離合がまさに命がけになりそうですね(汗

突き刺さり道路?もこれまた凄い光景ですね~
確か以前、珍百景(だったかな・・・)で見て驚いた記憶がありますが本当ビックリですね^^

今回も四国の旅を楽しませて頂きました!

沈下橋、風情がありますねぇ。
それに最後の垂直道路?!
う~ん、自分には縁遠い西日本ですが、
「こんなん拝見したら、いつかこの目で見に行かなきゃ!」
っと思ってしまいました(~_~;)

続編、楽しみにしております!!

5026さんへ

四国といえば四万十川!と長年思い焦がれた地だけあって、少々期待が大き過ぎたきらいはありますが、それでも沈下橋とのコラボは達成感でいっぱいでした(^^) 後続車には岸で待ってもらって速攻でUターンして戻りました。

橋の上ではすれ違い不可なので、対岸でどちらかが渡り切るまで待つ以外にありませんね~。

垂直な可動橋は違和感ありありでした!撮影に満足してすぐ立ち去ってしまいましたが、今思えば開くのを待っていればよかったかもしれません(^^;

tomoさんへ

いつかの四国巡りの時にお役に立てれば幸いです(^^)

地域に密着した沈下橋は生活の知恵の産物なんですね。自然に溶け込んでいました。

四国は片道800kmほどで行けますので、tomoさんにとっては遠いようで近いかも?
素晴らしい景色とワインディングロードを是非味わって欲しいですね!

四万十川の沈下橋。Tamonさんは私が訪れたい場所を次々と制覇していきますね!
でも、愛車込みで写真を撮るのは大変だと思うんですよ。
「普段見せないような素早い動き」に笑ってしまいました。(^^)

hisadoiさんへ

四国、四万十川、沈下橋は、数年前から行く!と決めていたものの、機会が無く、今回ようやく実現させました。
橋の上にZ4を置き去りにして駆け足で離れて遠目から撮る。これって、端から見たら「何やってんだ?」ときっと思われるでしょうね(^^;
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
27位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: