Z4で行く 真夏の西日本グランドツーリング

P8140280(1).jpg
連日猛暑日が続くお盆休みのなか、敢えて北の方には向かわず、5泊6日で近畿・山陰・九州とZ4でロングツーリングに出掛けてきました。

今回のGTで走行距離は3,900kmを数え、Z4購入から丸一年でちょうど3万キロ走行したことになります。
今回は画像も含めてかなりボリュームが多いので、ダイジェストとして一気にまとめてお送りしたいと思います。

■鈴鹿スカイライン

とにかくタフな山岳ロングワインディングロード。眺望はほとんど望めません。
中腹辺りからストレートがほとんどなくなり、ハンドル操作が忙しいです。重めなZ4では少々苦手なコース。ライトウェイトなMT車で走りを楽しみたいです。

■伊吹山ドライブウェイ

こちらも延々とタイトコーナーが続く山岳ワインディングロードですが、眺望がとにかく素晴らしいです。通行料は3,090円とかなり高額で、元を取るには山頂付近の草原に咲く花を観賞する必要があるかも。

■奥琵琶湖パークウェイ

つづら尾崎展望台からの眺望。


琵琶湖の北側を走るワインディング。個人的には湖岸沿いの林間を駆け抜ける道が好みでした。

■マキノ メタセコイア並木

やはり緑の並木は活き活きとしていて画になりますね。

■信貴生駒スカイライン

夕日駐車場からの眺め。


朝6:30からの営業の、全線片道の通行料金が1,340円と少々値が張る有料道路ですが、単なる夜景が綺麗な観光道路ではなく、かなり意外でしたが、中速コーナー主体のドライビングプレジャー満点なエキサイティングワインディングロードでした。また走ってみたいです。

■但馬コースタルロード



兵庫県の日本海沿いを走る、タイトな海岸道路。とにかく海が透き通っていてとても美しいのが魅力的。


海水浴場も多数点在していますが、交通量は少なく、のんびりと景色を楽しみながら走れます。


余部(あまるべ)橋梁。今は役目を終えた、かつての初代・余部鉄橋を見てみたかったです・・・ ちなみに上のホームは「空の駅」と呼ばれ、自由に記念撮影などができます。

■蒜山大山スカイライン、大山環状道路



鬼女台(きめんだい)展望休憩所からの迫力の眺め。


残念ながら雲がかかっていますが、鍵掛峠展望台からの眺めが最も素晴らしかったです。
大山(だいせん)を囲む環状道路は適度なアップダウンと中低速中心の走り甲斐のある山岳路。交通量はそこそこですが、ロードスターのような軽量スポーツカーなら水を得た魚のように走りを楽しめるでしょう。

■三瓶アイリスライン(三瓶山高原道路)

西の原の駐車場から。


三瓶山(さんべさん)をぐるっと取り囲むように走る県道30号は、とにかく直線の多い快走路。ライダーも多数走っていて、特に西の原の草原を駆け抜けるのがとても心地良かったです。


延々と山陰の日本海側の国道をトレース。特に国道9号から眺める景色は素晴らしかったです。

■秋吉台スカイライン

時間的に交通量が多かったのが残念ですが、短い距離ながらもカルスト台地の草原を駆け抜けるのは爽快です。

■角島大橋

最近はメジャーになり過ぎて、観光地と化した角島大橋。


それでもエメラルドグリーンに輝く美しい海に掛かる大橋は見る者に感動を与えてくれます。

ここから九州のレポートになります。

■湯布院日田往還

残念ながら狭霧台の展望所はKEEP OUTのロープで閉鎖されていたので、別の場所から由布岳を眺めることにしました。


少し霞んでいますが、ここがベストポジションかもしれません。


ズームで。距離が短くあっという間に駆け抜けてしまう草原を貫く快走路ですが、少し離れた場所から見てるだけでも爽快としか言いようがありません。

■やまなみハイウェイ

今まで走ったきた中でも指折りのドライバーズロード。前回ロードスターで訪れたときと同様に交通量はほとんどなく、お気に入りの林間セクターをマイペースで快走しました。


長者原から噴煙たなびく硫黄山を眺める。


ミルクロードへと分岐する周辺に広がる見渡す限りの草原も、ドライバーの気分を高揚させてくれます。

途中の分岐路から阿蘇北部広域農道も走りました。路面は若干荒れていますが、牧草地を眺めながらののんびりドライブも気持ちの良いものです。道中でキツネも見かけました。

■ミルクロード

残念ながら雲が出てしまって美しい草原を堪能できませんでしたが、相変わらずの超快速ワインディングロードは健在で、やまなみハイウェイと合わせて走りを思う存分満喫しました。


大観峰からの眺めも霞んでいましたが、前回の雄大な景色は今も目に焼きついています。

■グリーンロード南阿蘇

霞んでなければ雄大な阿蘇を眺めながらドライブできるであろう山岳ワインディング。阿蘇周辺は多くの道が素晴らしい眺めを楽しめますね。


根子岳(ねこだけ)を仰ぎ見ながら走る 国道265号もまた素晴らしい山岳ワインディングロードでした。

阿蘇大橋や俵山トンネル、阿蘇パノラマラインなどが災害復旧工事の為、ミルクロードやグリーンロードなどが迂回路となっているようでした。特にグリーンロードはかなり急峻なワインディングにもかかわらず交通量が非常に多くてびっくりしました。

早期の復旧が待たれます。

■生月サンセットウェイ

今回の一番のハイライト、生月サンセットウェイ。
ここだけは絶対走りたい!と心に決めてやってきたので、感慨もひとしおです。

噂に違わぬ日本離れした島の西海岸沿いを走る緩やかな農免農道は、初めて走る者を魅了します。


平戸大橋、生月大橋を渡り、2日かけてそれぞれ夕刻と早朝に訪れました。


夕陽とともに。




島の突端にある大バエ灯台から見た絶景。


とても暑かったですが、全国でも珍しい灯台の上にある展望台から眺める大パノラマは圧巻でした。


2日目の早朝。


行き交う車は一切無し。






2日合わせて2往復。さすがにお腹一杯ですが、しっかりとこの景色を目に焼き付けました。もう思い残すことはありません。

■平戸島・川内峠

順番は前後しますが、朝一で訪れた平戸島の街外れにある川内峠。
実はすでに朝陽は背後から出ていて、丘に遮られていて画像では暗く写っています。


街外れの静かな道を緩やかに上っていくと忽然と現われる小高い峠道は、標高は低く距離も短いですが、海辺の草原という珍しい風景に目を奪われる場所でした。

目の前の丘を走り抜け10分も経たずにこの草原はあっけなく終わりを迎えます。

■九十九島

少し険しい道を登った先にある冷水岳展望台から見た九十九島。やはりここも霞んでいます。澄んだ空気ならきっと絶景なんでしょう。

■仁田峠循環道路

左回りの一方通行のかつての有料道路。今は協力金として料金所で100円を支払い、一方通行の為注意して走行するように説明を受けました。(逆走するなということでしょうか)

ツイスティな峠道から右手に島原湾を眺めつつ進み、展望駐車場に車を停めると、雲仙・普賢岳の高さを超える平成新山の威容がどーんと目の前に現われます。

20年ほど前の火山活動でできたばかりの平成新山。美しくもあり、畏れ多くもある自然の偉大な力をまざまざと見せ付けられました。

ちなみに、雲仙を目指すいくつかの峠道のなかから県道128号をチョイスしましたが、序盤の少しばかりの狭路に尻込みこそすれ、中盤以降はとても走りやすいハイレベルな山岳ワインディングロードに、いつかここをシビックで走りたい!と思わず心が躍るのでした。

■島原まゆやまロード

行き交う車も少なく、開放的で爽やかな走りやすい快走路。こういった道が一番好きです。


少し勾配がきついのでエンジンブレーキを多用しながら下っていきます。


平成新山を正面に仰ぎ見ながらのんびりと走るのが最高に心地良い、お気に入りの道です。

*******************************************************************************

少々詰め込みすぎのプランで駆け足のグランドツーリングでしたが、なんとか行きたい所はすべて回ることが出来ました。

西日本は終始猛暑日で景色も霞がちでしたが、それでも関東からはるばるやってくるだけの価値がある迫力の風景の数々に出会えたことに感謝したいです。

東日本大震災や熊本地震、各地での火山活動などもあり、本当に景色との出会いは一期一会なんだなと改めて痛感しました。

これからも思い立ったら吉日とばかりに、無理のない範囲でドライブを続けていきます。

■番外編

今回唯一通った険道(島根県道286号池田久手(停)線)。
三瓶山の近道として純正のカーナビの導くまま進んでいきました。


国道9号からの起点はごく普通の県道で、少し走ると里山が美しいのどかな風景が続いていました。

P8130025.jpg


しかし富山郵便局脇からの道程は、今まで走った中でも最狭クラスでした。


およそ5kmの区間、離合できるのは1箇所のみでした。


地元の車も滅多に通らないのでしょう。道の真ん中は雑草や苔が生えています。対向車がきたらなすすべがありません。ここまで心細い県道は滅多にないでしょうね・・・

すれ違いはおろか、離合ポイントもないこのルートを通ろうとする奇特な人はいないと思いますが、もしカーナビに案内されたらここだけは絶対回避すべきです(^^;


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 伊吹山ドライブウェイ メタセコイア並木 信貴生駒スカイライン 但馬コースタルロード 角島大橋 湯布院日田往還 やまなみハイウェイ ミルクロード 生月サンセットウェイ 仁田峠循環道路

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか西へ行くことがないので、
興味深く(今後の参考に)画像を楽しませて頂きました(^_^;)

絶景道路の数々、きっと爽快快走なんでしょうね!

たまには北を止めて、行ってみようかと思います。

tomoさんへ

西のほうも楽しい道が豊富でした。特に阿蘇周辺は快走路の宝庫です(^^)

この時期、さすがに北海道に比べたら暑さは半端ないですが、
少し涼しくなったら絶景道路と共に爽快な走りを是非味わってもらいたいですね!

西日本GT!

西日本GTお疲れ様でした!
周った場所や距離を考えるとかなりタイトな日程だったのではないでしょうか(^-^;

まさにスーパーダイジェストですね。
私自身の来年以降の西日本方面へのドライブに向けて大変貴重な資料になりました(^^)

伊吹山も走られたんですね。
確かにあの通行料を考えれば、プラスアルファで価値を見出ださないと元が取れないですね。

Tamonさんの今回の記事を読み、より一層西日本方面へのドライブが楽しみになりましたよ(^-^)/

なべちゃんさんへ

いや~、予想以上にタイトでしたが、九州に渡ってからは比較的余裕が出て周ることができました。

時間の関係でダイジェストになりましたが、出雲大社(の入口)や、マイナーなシーサイドロード、停められないほど混雑していた鳥取砂丘など、ほかにもたくさん寄り道して、やっぱりマイカーでのドライブって自由でいいな~、と改めて感じましたね。

伊吹山はちょっとびっくりな通行料でした(^^;
時間の関係で山頂には登れなかったので、いつかリベンジしてみたいですね。

西日本、特に山陰地方の日本海沿いのシーサイドロードはとても綺麗なので、是非海岸沿いを走ってみてください。そして角島まで足を伸ばせば、エメラルドグリーンの海にきっと感動しますよ!

西日本グランドツーリング、なんと3,900km(!)お疲れ様でした!
私は夏休みにあまり出掛けなかったので、Tamonさんのブログを見て、「ツーリング行った妄想」に浸ることができました。(笑)
私が西日本をドライブするのは何時の日か分かりませんが、その際はこのツーリングレポートを参考にさせて頂きます!(^^)

hisadoiさんへ

本当は北方面(北海道)に行きたかったんですが、準備不足と考えることがあって西日本を横断してみました。我ながら3,900kmは記録的だと思います(^^;

「ツーリング行った妄想」に浸っていただけたら、ブログを上げた甲斐がありますね(^^)

関東からだとなかなか足が向かない西日本ですが、是非一度チャレンジしてみてください。信州や東北とはまた違った、魅力的な景色がきっと迎えてくれると思いますよ!
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M10 MarkⅡ、E-M5

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
19位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: