Z4で行く 房総半島プチ『秘境』探索

朝目覚めると、台風の影響で曇っていた。
こんな日は無理に出掛けることもないと午前中のんびり過ごしていたが、降水確率は0%。
時間は正午を回っていたが、意を決して前から行ってみたかった近場のある場所へ向けてZ4を走らせた。

アクアラインを駆け抜け、ダンパーが経たってきたのか、フワフワと柔い動きをする足回りが少し気になったが、木更津金田ICで降りた先にある『千葉フォルニア』こと袖ヶ浦海浜公園へと向かった。


生憎の空模様だが、なるほど、カリフォルニアの雰囲気はよく出てる。
ちなみに交通量はとても少なく、短時間の停車でササッと撮影を済ませた。

続いて国道127号沿いにある『岩の回廊』こと、灯篭坂大師トンネルを目指すことにした。


白い鳥居が珍しい参道の入り口。


そのすぐ先にある狭くて圧迫感のある隧道を慎重に抜けると交差点があり、右手すぐに例の切通しが現われた。




画像で見るより遥かに高い切通しだ。


画像では狭く見えるが、一本目の隧道より1.5倍は広い。


辺りには誰も居らず、不思議な雰囲気のなか、その高さに圧倒された。
もう、ちょっとした秘境感を味わえる場所である。




切通しを抜けると、郵便屋さんが一服していた。
聞くと、ここはあまり人が来ないから(行き止まり)、煙草休憩にはもってこいな場所なんだとか。やはりここは写真を撮りに来る人が多いと話していた。


参道は山のほうに続いている。その名の通り道の脇には多くの灯篭がある。








確かに全く車の通る気配もないので、素早くZ4と共にカメラに収めた。

続いて県道88号へ。そういえば前回と全く同じルートだなと、ワンパターンな自分に苦笑いをしていると、ふと目を引く看板が道端に現われた。


前回も少し気になっていた『犬岩』の文字。


実は以前とあるサイトで知った『S秘境』という場所らしいと直感したので、道端の駐車スペースにZ4を停め、急遽探索してみることにした。


農道を5分ほど歩くと民家の脇に行き止まりのバリケードが現われた。


うん?、これ以上行けないのか?と、張り紙をよく読むと、イノシシ侵入防止の為の柵のようだ。開閉をきちんとすれば行き来は自由のようなので、奥に進んでいくことにする。




ぬかるみもある道なき道を歩くこと3、4分。川の流れで滑る岩場を慎重に降りていく。
格好はTシャツ+クロップトパンツにドライビングシューズという出で立ち。
しまった。こんなことならもう少しましな服装をしてくるんだった。


濃溝の滝のような景観の切通しを抜けると・・・


おお、何だここは!
県道から歩いて10分もかからない所にこんな景色があったとは驚きを隠せない。


少し大げさかもしれないが、本当に秘境といって差し支えない雰囲気の場所だと思う。


人っ子一人居ない緑に囲まれたこの特別な空間を独り楽しむことに専念した。

P8270265.jpg



P8270234.jpg



P8270259.jpg


これが犬岩だろうか。言われてみれば犬に見えないこともない。
ちなみに岩の裏には立派な蜂の巣が垂れ下がっていた。蜂もいたので、あまり近づかないほうがよいかもしれない。

穏やかな川の中には大きなサワガニも何匹か居た。

セミの鳴き声以外爽やかな川のせせらぎしか聞こえてこない、本当のお手軽な『秘境』を存分に味わった。

今回は出発が遅く、下道でのドライブなので早々に切り上げて、アクアラインを目指すことにした。




県道88号から、




県道182号のもみじロードと、これまた前回同様ののどかなカントリーロードを流し、








志駒川の水汲みで賑わう休憩所で休みつつ、帰宅の途に着いた。

アクアラインに乗る頃には小雨がぱらつき始めていた。比較的涼しい一日だったので終始オープンにしていたが、なんとかギリギリもってくれてラッキーだった。

今回はドライビングプレジャーはあえて追及せず、のんびりと房総半島らしいプチ秘境を気軽に探索できたので満足感の高いショートドライブだった。

走行距離:157km
所要時間:5時間

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 千葉フォルニア 岩の回廊 S秘境 犬岩 もみじロード

コメントの投稿

非公開コメント

千葉フォルニア良いですね(^^)
ただ、快晴じゃなかったのが残念でしたね。。。

白い鳥居といい、異空間に吸い込まれるかのような鋭い切通しといい、まさに「秘境」!
こういう場所を目指して車を走らせるのも、何だか冒険みたいで良いですね。

私の場合、そういう場所を見つけても、「この先行っても大丈夫なのか・・・」とか、
「通り抜け出来ず、バックで戻る羽目になったらどうしよう・・・」などとビビッてしまうので、
しっかりと事前調査しないと進むことができません(>_<)

最近、「滝」にはまりつつある自分がいます。
地蔵堂の滝、橋の下にあるとは珍しいですね。(小ぶりな滝なんでしょうか???)

なべちゃんさんへ

千葉フォルニアはもっと交通量があるかと思っていましたが、業者のトラック(も僅少)以外はほとんど乗用車は通らなかったので撮影し放題でした。快晴のときにもう一度行ってみたいですね。

たまには趣向を変えて「秘境」を探索するのもワクワクして楽しいです♪

私も免許取立てのころに狭いところに突っ込んで身動き取れなくなったトラウマがあるので、事前情報無しの冒険は慎重になりますよ(^^;

滝めぐりはこの時期にピッタリですね!
草木に隠れて見えにくいですが滝つぼもあって、小ぶりながらもしっかりとした滝でした。橋には歩道がないので、交通量は少ないですが観賞するときは要注意ですね。

はじめまして。突然すみません。裾野?箱根?メタセコイア並木で写真を取りたいなと思っているのですが、普通に車を降りて撮影することはできそうですか?

みいさんへ

某企業の敷地内なので、原則的に関係者以外立ち入り禁止です。それを考慮したうえで自己責任において撮影は可能だと思います。普段はとても静かなところですが、他者に迷惑がかからないように十分に注意する必要はありますね。
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M10 MarkⅡ、E-M5

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
524位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
22位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: