Z4で行く 晩秋の飛騨街道~野麦街道~乗鞍スーパー林道 part2

part1からの続きです。

PB050250.jpg


野麦街道で峠を越えていきます。




日陰になっている一部分では路面が凍っていたので、リアがズルっとした瞬間に「ピローン」という警告音と共にオンボードコンピュータ上に警告が表示されました。こういう機能はあればあったで以外とありがたいものです。




とはいえ、ほとんどの路面は問題なく、無事野麦峠に到着。(ただし水が流れている路面もあったので、しばらくすれば夜間に凍結するでしょう)


先客は1台のみで峠は静寂に包まれています。


温かい陽射しの元、十数分ほど遊歩道を散策しました。正面にはちらっと乗鞍岳が見え隠れしています。




近くの池を歩いていると、突然2羽の水鳥がバサバサッと対岸の水面へ飛んでいきました。どうやら驚かせてしまったようです。ゴメンね。


おお、初めてちゃんと乗鞍岳を見た気がします。これからの季節、真っ白に冠雪した雄姿が見られることでしょう。






さて、野麦街道を下っていきます。




カラマツの林を抜けるワインディングが心地良いです♪


昨年と同じ場所で撮影。どうしても撮影ポイントはワンパターンになっちゃいますね。


カラマツの落葉の為、止む無くルーフクローズしてます。




紅葉は一部だけ残っていました。綺麗な赤が印象的です。



実はこれから行き先を考えていなかったので、ツーリングマップルを見てしばしルートを選定。未踏の地、乗鞍高原へ行くことにしました。

part3に続きます。

ここまでのルート


ドライブ日記 ブログランキングへ
にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ドライブ記
ジャンル : 車・バイク

tag : 野麦街道 野麦峠 乗鞍岳

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

野麦街道も紅葉素晴らしいですね!

写真でよく見るのですが、とにかく黄色く特殊な紅葉ですね。

乗鞍岳の雄姿、雲一つない紺碧の空とも相まってとても素晴らしいです(^^)
カラマツが紅葉する姿はとても綺麗ですよね。その中を走れるなんて最高ですね~!

乗鞍高原の紅葉もとっても気になります。
Part3も期待しております(^^)

yasu278さんへ

おはようございます。

野麦街道のカラマツの紅葉は圧巻でした。
かつて植林が進められたのでしょうか、整然と立ち並び黄金色に輝く姿に人工的美しさを感じました(^^)

なべちゃんさんへ

薄っすらと冠雪した乗鞍岳の全貌が目の前に現れたときは、テンションが高まっていくのを感じました。やっぱりスカッと晴れていると感動も倍増しますね(^^)

カラマツの紅葉は目に鮮やかなんですが、オープンで停車していると落葉がシートに降り積もるのが難点です(笑)

残念ながら乗鞍高原の紅葉はほとんど終わりを告げていましたが、乗鞍岳の雄姿は存分に堪能できました♪

おはようございます。
これだけお天気が良くて乗鞍岳や綺麗な紅葉を観れると気分とすっきり、テンションもMAXになるのは想像に難しくないですね^^
写真からも空気が澄んでいるのは分かって、観ているこちらまでも現地の心地よさが伝わってくる感じがします☆

アッキーさんへ

こんにちは。

久しぶりの晴天ドライブだったので、普段見慣れない山々を眺めながらのオープン走行は気分良かったですね(^^)

まだ頂上付近にちょこっと冠雪し始めたばかりの御岳、乗鞍岳でしたが、晴れ渡った青空に毅然とそびえ立つ雄姿にパワーをもらった気持ちになりました。
プロフィール

Tamon

Author:Tamon
2台の愛車でドライブやサーキット走行を楽しみながら、ドライビングプレジャーを追求していくTamonのブログです。

カメラ:OM-D E-M5、LUMIX GX1、SONY RX100
ドラレコ:Driveman1080

お勧めドライブグッズ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
累計:
現在:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スポーツカー
36位
アクセスランキングを見る>>
i2i
シミやシワ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: